フレンチ | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



新宿の京王百貨店にある、ル・ビストロ・資生堂に行ってみました。
銀座にあるお店に比べると、カジュアルなお店で、レストランフロアにあるので、気軽に利用できます。
週末の夜に、予約をして行きましたが、わりと空いているので、予約無しでも大丈夫そうです。







白を基調として、すっきりとした印象の店内で、上品で落ち着いた雰囲気なので、とてもデパートの中とは思えない気がします。

アラカルトの他、コース料理が4種類あります。
今回は、シェフおすすめコース 5940円(全8品)を食べてみました。

アミューズ ひとくちのお楽しみ タコのマリネとブルーチーズのムース


スフレのような、フワッフワのチーズムースは、口の中でとろけていきます。



はちみつを付けると、スイーツとしても頂けそうです。
口当たりがよく、ブルーチーズの風味が、ちょうど良く効いていて、とても美味です。
お土産に購入したいくらいです。

バジルのソースで和えたタコで、シラスのトッピングです。



左に添えてあるのは、酸味のしっかり効いたパンチのあるフレンチドレッシングで、味のアクセントになります。

パン


ミルク風味の丸パン、全粒粉入りのバケット、ドライトマトとガーリックのカンパーニュ。
本当に熱々のパンで、お代わりが出来ます。
バケットは、外皮がバリバリと硬くとても好みですし、カンパーニュは、こんがりとトーストされています。





丸パンは、生地が詰まっているタイプです。





バターや、リエットと一緒に頂きます。



リエットは、脂っぽさが少ないので、濃厚な味わいながら、比較的あっさりもしています。

前菜 鴨フォアグラのソテー シャンピニオンクーリー添え



とてもこんがりとソテーされているので、焼き目が大好きな私好みです。
薄めにスライスされていますが、ミディアムレアの焼き加減なのが、凄いです。



肝のクセが少なく、想像以上に酸味の利いたベリーのソースや、マッシュルームのソースをつけても、味の変化がつけられて面白いです。
マッシュルームの風味が凝縮されているソースは、本当に美味です。

スープ カリフラワーのポタージュ



カリフラワーの優しい甘さもありますが、ベーコンの燻製の風味の方が、際立っている気がします。
カリフラワーだけの味わいを、もう少し堪能したかったです。

魚料理 いとより鯛のポワレ 帆立貝のムースと雲丹のソースで

とても絵になるような、美しいお料理です。
いとより鯛の黄色の線と、ソースの色が同じなのが、とてもキレイです。




パリッとした皮目と、ふわふわした身の柔らかさが、味わえます。
下には、ボリュームのある、帆立貝のムースは、単品でも美味しく頂けそうです。

雲丹のソースは、風味がしっかりとしているので、生臭さに敏感な方には、完食は難しいかもしれません。

肉料理 国産牛フィレステーキ トリュフソース

色鮮やかなお料理で、目を引きます。
すぐにでも、おうちのお料理の盛り付けで、再現できそうなのが嬉しいです。






みじん切りのトリュフが、たっぷりと使用されたソースは、王道の味わいで、どの年代の方でも食べやすい味わいです。
柔らかいけれど、やたらに柔らかすぎず、食感も楽しめる、ちょうど良い食感のお肉です。

添えてあるレンコンは、厚みがあり歯ごたえが味わえつつ、甘さもじわじわ出てきて、なかなか美味です。

デザート ワゴンデザート



名物のワゴンデザートは、もちろん全部盛りを注文しました。
写真奥のカップから、時計回りに、
プリン、ティラミス、ショートケーキ、マドレーヌ(モンブラン風)、チョコレートムースです。

プリンは、下にカラメルソースが入っていますが、ビックリする位にとても甘さが強くて、後を引く甘さです。



ティラミスは、思った以上に浅い味わいで、何か物足りなさを感じてしまいます。



ショートケーキは、出来てから時間が経ちすぎてしまったのか、スポンジがどっしりとしているというのか、目が詰まっているというのか、ぽそぽそで、水分がないと食べられない感じです。



イチゴの他、黄桃なども入っていて、昔ながらの懐かしいケーキ、という感じです。

モンブラン風のマドレーヌは、少しレモンの風味がして、爽やかな香りもします。



大ぶりで、生地の詰まった、どっしりとした重量感があるので、かなりの食べ応えがあります。
マドレーヌはをフォークで食べるということに、少し違和感も覚えました。

チョコレートムースは、デザートの中では、一番まずまずの味わいでした。



底に敷いてある生地が、なんとも少し不思議な食感でしたが。
ちなみに、2種類だけ選んだお皿と比べると、このようになります。



写真を撮り忘れましたが、コーヒーや紅茶もあります。

お料理は、オーソドックスな味わいで、イメージ通りの味わいなので、安心感がある気がします。
意外に、しっかりとした味わいですが、脂っぽさがないので、どの年代の方でも、食べやすい気がします。
デザートは、昔ながらの、昭和のスイーツ、と言う感じで、残念ながら口に合いませんでした。

10%のサービス料がかかりますが、コストパフォーマンスが、比較的良い気がします。




2014.12.03 Wednesday | フレンチ | comments(0) | trackbacks(0)



ミシュラン一つ星のモナリザ恵比寿本店のデザートです。

デザート盛り合わせ 1300円

メニューの正しい名前を忘れてしまいましたが、確かこのような名前でした。
他にもフォンダンショコラや、クレームブリュレ、パフェ、ムースやアイスクリームなど、かなり豊富なメニューでした。

デザートは、シェアして頂くことが出来ますが、一皿で出てきますので、二人で摘む感じになります。

パウンドケーキやメープル風味のムース、ブルーベリーのタルト、クレームブリュレ、フルーツカクテル、シュークリームの6種類の他、青りんごのソルベとトンカ豆のアイスが別皿で登場します。
思った以上の種類豊富な盛り合わせなので、テンションが上がります。



白鳥型のシュークリームは、とても小さいのですが、カスタードクリームと生クリームの2種類が入っています。
ムースはかなり甘めで、クレームブリュレの表面は、かなり厚みがあるので切り分けるのが大変でした。

盛り付けのお皿に工夫があったり、秋を感じる食材をふんだんに使用して、和の感じを出したり、デザートの盛り合わせが豪華だったり、色々と工夫されている感じがしました。
女性客を意識しているのかなあという気もします。

ミシュラン一つ星なので、期待をしてハードルを高くしてしまったので、印象としては、わりと普通に美味しいという感じでした。

ただ、お料理の提供時間がかなりかかるだけでなく、アラカルトにしたいのに、やたらにコース料理を勧めたり、あるはずの食前酒のサービスが出されなかったり、サービス面では今ひとつという気がしました。




2013.12.01 Sunday | フレンチ | comments(0) | trackbacks(0)