ベトナム料理 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



ベトナム料理のお店、ニャー・ベトナム 恵比寿本店に行ってみました。
週末の夜ですが、女性客がとても多く賑わっていました。



テーブル席のほか、お座敷、個室もあるので便利です。









小海老と豚肉の生春巻き 800円





もっちりとした食感で風味のあるライスペーパーの中に、真っ白な米麺(ビーフン?)とキャベツの千切りも入っています。



濃厚なピーナッツソースとの相性もよかったです。

海鮮入り網状の揚げ春巻き 520円





パリパリ&サックサクの食感がたまりません。



千切り大根と人参の入ったタレは、ニョクマクの風味がアクセントになっています。
穏やかな酸味の甘酢風味なので、さっぱりといただけます。

ブン・チャー 1150円



生春巻きにも入ってたビーフンと、ミニサイズの揚げ春巻き、生野菜が、ワンプレートになっています。
ランチセットみたいです。



揚げ春巻きは、しっかり味の付いた蟹がびっしりと詰まっていて、硬めの食感です。

甘酢の付けダレは、赤唐辛子がたっぷりと浮いているので、かなり辛く、しかも後を引く辛さです。
食欲が増す味で、ついつい食べてしまいましたが、ビーフンがお腹の中で膨らみます。

バイン・セオ 1630円

思った以上にビッグサイズです。
卵焼きのように見える生地は、焦げ目が特にサクサクした食感で、ココナッツの甘さがけっこう効いています。
中には、もやし、キャベツ、豚肉、海老など、肉野菜炒めのような具が入っています。



少々脂っぽいのですが、たっぷりと添えられた野菜で巻き、甘酢ダレをつけていただくので、
食が進む味で美味です。

野菜は、普段見慣れない葉物野菜も入っていました。

ビール1杯を入れて、4700円位でした。

家庭で作る、生春巻きや揚げ春巻きと、やはり味わいが異なり、特に皮の風味がかなり違いました。
このボリュームと味わいですと、コストパフォーマンスは良いのではないかと思います。




2014.04.29 Tuesday | ベトナム料理 | comments(0) | trackbacks(0)

2011-04-16 2011-04-16 001 021

先日、渋谷にあるベトナム料理のお店 ミス・サイゴンに行ってきました。
渋谷の109から東急に向かう途中のビルの6階にあります。

2011-04-16 2011-04-16 001 001

ビルの入口に看板はあったのですが、お店の入口には店名が一切書かれていないので、ちょっと分かりにくかったのですがね。

2011-04-16 2011-04-16 001 002

店内には、造花などが飾られていたり、全体的にちょっとチープな感じがするのですが、それがまた本場っぽい雰囲気にも感じられます。

2011-04-16 2011-04-16 001 004

メニュー。
2011-04-16 2011-04-16 001 005

お料理の写真付きなので、ベトナム料理が初めての方でもわかりやすいです。
ベトナム語とカタカナのふりがな、日本語訳でメニューが書かれています。
変な日本語訳になっているものもあるのですが、逆にそれもまた本場のベトナム人の方が作っている感じがします。(お店のオーナーさんは、ベトナム人の様でした)

今回は、代表的なベトナム料理である、生春巻き・揚げ春巻き・バインセオ(ベトナム風お好み焼き)をオーダーしました。

まずは、ベトナムビールの「バーバーバー(333)」とお水で乾杯です。
2011-04-16 2011-04-16 001 011

2011-04-16 2011-04-16 001 010

お箸のほか、おしぼりも登場しました。

2011-04-16 2011-04-16 001 012

テーブルの上には、ヌクマム(魚醤)とチリソース!?(インドネシアのサンバルにとってもよく似たソース)がありました。

2011-04-16 2011-04-16 001 014

チリソース!?は、バリで初めて食べて、旅行中にすっかりハマってしまった調味料で、自宅用にも買ってきた記憶があります。
ここで再会するとは思いませんでした。

チャージョー (揚げ春巻き) 800円
2011-04-16 2011-04-16 001 016

ベトナムでは、生春巻きよりも断然人気があるそうですね。
こんがりと揚げられた揚げ春巻きで、思ったよりは大きめでぷくぷくと丸みがあります。

2011-04-16 2011-04-16 001 017

付け合わせには、レタス・パクチー・大葉がたっぷりと盛られていて、甘酢漬けの大根と人参も可愛らしくカットされています。

2011-04-16 2011-04-16 001 018

チャージョーを野菜で巻いて、タレを付けて頂きます。

2011-04-16 2011-04-16 001 025

2011-04-16 2011-04-16 001 033

豚のひき肉に春雨や野菜など、ぎっちりと詰まっていて、結構食べ応えがあります。
タレはヌクマムをお湯で割って、砂糖と輪切りの唐辛子を入れたものの様で、お水の様にさらさら〜としています。

ヌクマムはお魚から作られているので、かなり匂いにクセがあって気になるものですが、このソースは、薄めてあるからなのか、匂いは大して気になりません。

2011-04-16 2011-04-16 001 024

チャージョーとパクチー、ヌクマムベースのタレが、とってもよく合っていて、揚げものなのに、さっぱりといただけます。
そして、冷めてもパリパリとした皮の食感が変わらないのがスゴイです。

ゴイ クオン (生春巻き) 750円
2011-04-16 2011-04-16 001 019

ベトナム料理と言うと、真っ先に挙げられるメニューです。
想像よりも、かな〜っり太くて、ずっしりとした重みがあります。
中には、ブン(細い麺)とえび・野菜がぎっちりと詰められていて、ライスペーパーから透けて見えていて、とてもきれいです。
そして、とってもモチモチ食感の皮です。

2011-04-16 2011-04-16 001 022

タレは、ベトナムの味噌ベースのタレで、細かく砕いたピーナツも入っています。

2011-04-16 2011-04-16 001 023

とてもあっさりした生春巻きに、濃厚なタレを付けますと、いくらでも食べられそうですが、結構お腹に溜まります。

2011-04-16 2011-04-16 001 038

私ヴァロン。は、このタレにチリソースを混ぜてピリ辛にして食べるのが、一番美味しく感じました。

2011-04-16 2011-04-16 001 043

バインセオ (ベトナム風お好み焼き)  1200円
2011-04-16 2011-04-16 001 044

2011-04-16 2011-04-16 001 045

ベトナム料理は、ニャー・ベトナム恵比寿店や、系列店のニャーベトナム・フォー麺で食べたことがあるのですが、
バインセオは食べたことがなかったので、一番期待していたお料理です。
大きなオムレツの様ですが、クレープ料理というカテゴリーにありました。
本当に、けっこうビッグサイズです。

2011-04-16 2011-04-16 001 046

米粉を主体とした生地をクレープの様に薄くのばして油で焼き、たっぷりのもやしと、豚肉、海老等を挟んであります。

2011-04-16 2011-04-16 001 048

これを切って、お野菜に包んで頂きます。

始めは味が薄くて、ぼやけている様な気がしたのですが、ヌクマムをつけて食べますと、優しく素材の味を引き立ててくれて、わりとあっさりと美味しく頂けます。
ベトナム料理の本などを見ますと、生地がパリパリとした食感のようなのですが、そこまでの食感はなかったです。
でも、米粉が入っているので、少しモチモチした食感がありました。

2011-04-16 2011-04-16 001 052

相方さんは「野菜の水気が気になる」ということで、バインセオだけで食べていましたが、私ヴァロン。は、お野菜で包んで食べる方が美味しく感じます。
こちらも、パクチーの香りが、良いアクセントになっていました。

インパクトがある味という訳ではなく、とても優しい味わいなのですが、なぜか止められない、あとを引くお料理でした。

ミス・サイゴンのベトナム料理は、思った通りに、日本人向けというよりも、結構本場の味を再現している気がしました。

ベトナムに行った時に、本場の味と比べて、印象が変わるのか、それともやはり同じ味だった、という感想になるのか、比較が楽しみです。

<関連記事>
米粉で出来た麺「フォー」の専門店 ニャーベトナム
ベトナム料理 ニャー・ベトナム 恵比寿本店のスタイリッシュコース




2011.04.21 Thursday | ベトナム料理 | comments(0) | trackbacks(0)