海外:中国・香港・マカオ | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

2010-05-01 2010-05-01 001 256

香港・マカオ旅行の最後は、夜上海(イエジョンホイ)で飲茶を食べました。ガイドブックにも載っている有名なお店です。

2010-05-01 2010-05-01 001 272

結構高級感のあるお店ですが、お客さんで賑わっていました。

2010-05-01 2010-05-01 001 247

メニュー。

2010-05-01 2010-05-01 001 236

香港・マカオ旅行の最後なので、やはり飲茶だけを食べることにしました。

2010-05-01 2010-05-01 001 234

ビール 40香港ドル(480円位ペリエ 28香港ドル(336円位)で乾杯。

2010-05-01 2010-05-01 001 237

テーブルに置いてある調味料。赤いお酢もあります。

2010-05-01 2010-05-01 001 241

お通し

2010-05-01 2010-05-01 001 239

小籠包 44香港ドル(528円位)

2010-05-01 2010-05-01 001 248

もちろん、蒸したてアツアツです。

2010-05-01 2010-05-01 001 250

ほどよくジューシーで豚肉の美味しさがよくわかる味で、美味です。

2010-05-01 2010-05-01 001 253

ジューシーなのに、お肉の脂っぽさが少なく、さらっと食べられます。マカオのフードコートのものとは、やはり全く異なる味で美味しく、さすがです。

2010-05-01 2010-05-01 001 255

ちなみに、ちゃんと黒酢と生姜も出てきました。

羅葡絲酥餅(千切り大根のパイ包み焼き) 32香港ドル(384円位)

2010-05-01 2010-05-01 001 249

飲茶でよくあるメニューですが、初チャレンジです。

2010-05-01 2010-05-01 001 251

外側のパイ生地は、細くカットされて巻きつけている感じです。後ろ姿にも、細かい作業が。

2010-05-01 2010-05-01 001 266

中には、千切り大根の、少しねっとりとしたとろみのある餡が、たっぷり詰まっていました。

2010-05-01 2010-05-01 001 268

この大根は生ではないのですが、食感が残っていて甘さも感じます。外側のパイ生地が、ほろほろ〜と崩れるので、中の餡とよく合います。これは面白い一品です。

生煎包 40香港ドル(480円位)

2010-05-01 2010-05-01 001 256

よく「焼き小籠包」と書いてあったりしますが、だいぶ違う気がします。ダンゼン肉まんに近いですね。思ったより大きさがあります。

2010-05-01 2010-05-01 001 262

小ぶりな肉まんの、裏側を焼いた感じです。下が、ものすごくこんがり焼けていて、焼き目がと〜っても良い感じ。

2010-05-01 2010-05-01 001 260

ふわあ〜とした生地に、豚肉だけの具というかなりシンプルな作りです。下の焼き目が、カリッどころか、ガリッとした硬めな食感で、生地の食感のコントラストがとっても良いです。

2010-05-01 2010-05-01 001 263

このままでも美味しいのですが、テーブルにあるXO醤をつけますと、と〜っても美味なんです。

2010-05-01 2010-05-01 001 264

このXO醤が、やたらに美味しいのですが、お店でも販売されていました。

2010-05-01 2010-05-01 001 271

1200円位ですね。やはりかなり高級ですね。でもすごく美味です。

ビール2杯を足して全部で304香港ドル(3648円位)でした。明細をよく見ますと、

スナック    20香港ドル
お茶&ソース代  32香港ドルが取られていました。





2010-05-01 2010-05-01 001 070

香港旅行のランチは、香港の時代広場(タイムズスクエア)の中にある金満庭に行ってみました。こちらはガイドブックに載っていて、手打ち麺の担々麺が食べられるそうで、旅行前から気になっていたお店なんです。

日本では、担々麺は食べられても、手打ち麺の担々麺は、あまり聞いたことがありません。

すごく近代的なショッピングビルの中にありますが、けっこう高級感が感じられます。

2010-05-01 2010-05-01 001 055

2010-05-01 2010-05-01 001 066

店内はかなりの混雑ぶりで賑わっていました。人気のお店のようですね。

2010-05-01 2010-05-01 001 065

イメージ通りの!?中国っていう感じがします。

メニュー。

2010-05-01 2010-05-01 001 059

私ヴァロンは、蘭州手拉担々麺(もちろん手打ちの担々麺。本当の漢字では、だんだんめんと読みますが)。相方さんは酸辣湯拉麺(酸辣麺)をオーダーしました。どちらとも、それなりの辛さがあるようです。

2010-05-01 2010-05-01 001 058

飲み物は、5種類から選べます。(ティーチャージ 一人10香港ドル(120円位)
ランチだからだと思いますが。

2010-05-01 2010-05-01 001 083

プーアール茶。ポットで登場。しかも一人1ポットです。

2010-05-01 2010-05-01 001 063

量があって、茶葉もタップリ入っていたので、最後のほうでは、真黒なプーアール茶になっていました。

2010-05-01 2010-05-01 001 082

なんだか体に良さそうな気はしますね。

蘭州手拉担々麺 30香港ドル(360円くらい)

2010-05-01 2010-05-01 001 069

結構弱めの辛さですが、ゴマの味がしっかりと効いています。でも、重くないので美味です。

2010-05-01 2010-05-01 001 071

肉みそは、日本で食べるとかなり濃いめの味が多いのですが、この金満庭は控え目な味で、ザーサイとピーナツの食感も良かったです。

2010-05-01 2010-05-01 001 075

手打ちの麺は、かなり細くて、驚くほどすご〜っく長くて、麺同士がからまって、ほぐれませんでしたね。卵なしの麺のようで、かなり白く、シンプルな味です。

2010-05-01 2010-05-01 001 080

驚くほどホントに長〜い麺と、格闘していましたら、店員さんが「切りましょうか??」と声をかけてきました。親切ですね。

また、大きなレンゲにも驚きました。

2010-05-01 2010-05-01 001 079

取り分け用の大きなスプーンのようですね。

酸辣湯拉麺(酸辣麺) 38香港ドル(456円位)

2010-05-01 2010-05-01 001 072

麺は同じく手打ち麺です。

麺そのものは、コシがあるわけではないのですが、これはこれで結構良い気がしました。穏やかな酸味で、ちょっとピリ辛な味です。

2010-05-01 2010-05-01 001 081

お豆腐やえび、きのこも入っていて、スープの色はかなり濃いのですが、しょっぱくはないです。とろみもいい感じです。

2010-05-01 2010-05-01 001 074

麺2種類とお茶2つで、合計97香港ドル(1164円)でした。

金満庭は、お店の雰囲気の通り、カジュアルではなくそれなりのお店なので、全般的に上品な味でした。手打ちの麺は、シンプルな味なのでスープの味がよくわかり、細いのでスープがよくからんでいました。

そして、1・5人前はありそうで、かなり量が多かったですね。でも、かなりお安く、コストパフォーマンスは、すごく良いと思いました。