オーストリア料理 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



オーストリア料理 Neues(ノイエス)でウィーン堪能コースを頂いた後、購入して後日食べてみました。
他にも、色々なパンやスイーツも販売しています。

プレッツェル。



ドイツ旅行で食べた時と同じ見た目なので、即購入してみました。
結構大ぶりサイズです。







生地の色合いがドイツパンそのもので、口がパカッと割れたような所がとても美味しそうに見えます。
独特の噛みごたえのあるパンで、かなりハードな食感が、硬いもの好きにはたまりません。
中の生地はモチモチしていて、1個でけっこうお腹いっぱいになります。
パン自体の甘さが全くないので、小麦の美味しさを感じられて美味です。
近所にあったら通いたい味です。

今回は、シンプルなプレーンですが、チーズがトッピングされているパンもありました。






ウィーン料理 Neues(ノイエス)ウィーン堪能コースの続きです。

パスタ
ケーゼシュペッツェレ(ドイツ風ショートパスタのチーズ焼き)

少し太めで短い麺状の生パスタに、たっぷりのチーズを載せて、オーブンで焼いたものです。
上には、パセリと揚げた玉ねぎがトッピングされています。
こちらも、出来立てのアッツアツ状態で運ばれるのが嬉しいです。

生パスタ独特のムニュとした食感で柔らかく、淵がフリルのようになっているので、とろけたチーズがよく絡みます。



パスタ自体は、ほとんど風味を感じなので、たっぷりのチーズを一緒に食べても、どこか素朴さを感じ、なかなか美味です。

お肉料理
グーラッシュ(牛モモ肉とパプリカとトマトの煮込み)




大定番のお料理で、見た目はビーフシチューに似ていますね。
しっかりとしたパプリカの風味で、赤身の牛もも肉は、それほど硬くはありません。
こちらも現地の味のように、塩気がかなり強めですが、素朴な味わいのパンと一緒だと、食べやすい気もします。



付け合せのキャベツの酢漬けは、クミンシードがたっぷりで、どこかオリエンタルな雰囲気です。



じゃがいものサラダは、軽い酸味とフルーティーさのある味わいです。



デザート
ノイエス(レアチーズケーキ)



お店の名前の付いたデザートです。
フレッシュチーズだけを使っているような味わいで、どことなくヨーグルトにも似ている気がします。
余計な素材が入っていない感じで、少しホロホロした食感もあります。



高さがあって、少し大きめサイズですが、中には何も入っていないシンプルさと、控えめな甘さなので、なかなか美味です。
濃厚なアプリコットソースと一緒に食べると、味の変化が付くので、最後まで美味しくいただけます。



飲み物
(コーヒー・紅茶から選べます)



とってもおしゃれなカップです。

オーストリアで食べた以来のウィーン料理ですが、思った以上に現地の味が楽しめる気がして、面白かったです。
どこか素朴さのある味わいが、けっこういいですね。

また、週末の夜にも関わらず、結構空いていたので、ゆったりとお食事が楽しめる、穴場のお店なのもよかったです。
次回は、ソーセージや、ウィーンのケーキなども食べてみたいです。