海外:シンガポール | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



シンガポール旅行3日目の夜は、クラークキーのトモ イザカヤ(朋友)に行ってみました。
「クラークキーで何か食べよう」ということで、散策しながら見つけたお店です。



建物の中の席の他、川沿いにオープンテラスの様な席もあり、提灯がずらっと飾られていました。



店内に入ると、演歌歌手のような人がいて、ライブが行われていて、なんだかものすごく盛り上がっていました。





メニューは、日本の居酒屋さんそのものと言った所ですが、よく見ると所々謎のメニューや変わったメニューもありました。













しいたけ明太チーズ 7.50シンガポールドル





豚ばら肉でしいたけを巻き、明太チーズソースがかかっています。
味は普通です。

海老天巻き 12.50シンガポールドル





海老の天ぷらときゅうりなどが入った細巻きです。



海老を天ぷらにしてあるので、コクがあり、わりと美味しい気がします。
わさびは、海外では珍しくかなり辛いです。

サーモンわさびマヨ焼き 16シンガポールドル





わさびが、チューブのものではなく、わさびの茎などが入っていて、シャキシャキした食感もあるのがよかったです。

雲丹の軍艦巻き 18シンガポールドル





鮮度は至って普通ですが、たっぷり入っているのは嬉しいです。

味はどれも普通で、サービスもあまり良くないので、かなり割高感を感じますが、海外ということを考えますと、こうなるのでしょうか。
でも、お客さんがとても多くて驚きました。





シンガポール旅行3日目のお昼は、チャターボックスチキンライスを食べてみました。
前日はホーカーズで庶民的な味を堪能しましたが、高級なチキンライスは、どのような味なのか、
どのように違うのか、食べ比べてみたかったのです。





マンダリンオーチャードホテル内のレストランですが、少しポップな感じもありカジュアルに利用できます。
お子さん連れのお客さんも、あちこちで見かけました。



メニューは、ラクサやナシゴレンなどの郷土食から、サンドウィッチ、カレー、スープ、サラダなど、軽食も一通り揃っているようです。
わかめが入り、ポン酢ドレッシングをかけたWAFUサラダというものもありました。



チキンライス 27シンガポールドル

見た目が、すでにホーカーズで食べたチキンライスとまるで違い、とてもきれいです。
チキンは3列に積み重ねてあり、とてもボリュームがあります。



その下には細切りのレタスなどの野菜が敷かれていて、おしょうゆ系のタレがかけてありました。
チキンは、皮付きで、けっこうしっとりして、上品で美味です。
お好みで3種類のタレをかけて、頂きます。







レタスや丸いお豆腐の入ったスープは、チキンのダシよりも、野菜の甘みが強く感じます。





チキンの脂を全く感じさせず、とてもすっきりとしてて、上品な味わいです。

ご飯は、とてもパラパラしていて、これまで食べたチキンライスの中で、一番あっさりとして、癖がないので食べやすいです。





全体的にとても上品な味わいでした。