海外:チェコ | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

プラハではアトランティックというホテルに宿泊しました。
今回の旅行で、後にも先にも、レストランの入り口に、こんなに装飾がされていたのは、ここアトランティックだけです。



アトランティックホテルの朝食は、フルーツが色々とありました。

s-IMG_1124.jpg

チーズと、ハムもたっぷりあります。



プラハでも、パンは、ドイツパンです。
少し曲がっているパンや、生地が編んであるパン、雑穀パン、ウィーンにも、ザルツブルクにも、同じものがありました。 なかり見慣れた感があります。








2008.10.12 Sunday | 海外:チェコ | comments(0) | trackbacks(0)

プラハでの最後のお食事は、プラハ観光で有名な、市民劇場一階のカフェ「KAVARNA OBECNI DUM」に入ることにしました。



すてきなサロン風のカフェで、メニューは、チェコ プラハの超有名人ミュシャの絵です。ステキです。

コーヒー 60コルナ、ビール 80コルナ。


ここのコーヒーカップは、とってがないのです。とても珍しいのですが、使いにくいです。
私は、ホントにお腹がすいていなくて、また、スイーツにしました。

ティラミス 100コルナくらい。


コーヒーには、シナモンビスケットが添えられていました。
すごくシナモンの香りがして、すごく良かったです。

ティラミスは、イメージと同じで、日本で食べるティラミスより、甘ったるくないのが良かったです。 それに、日本のティラミスのほうが、重い気がします。
でも、このティラミスの一番下の生地は、味がしなくて、生地がぎゅっと圧縮された目のつまった感じで硬かったです。 ティラミスの土台だから、わざと硬く作ったのでしょうか。

相方さんの、OMELETA STAROCESKA (ポテトとベーコンのオムレツ、ボヘミア風)。


ボヘミア風なので、立派なチェコ料理ですね。

オムレツは、盛り付ける時に2つに折りたたんだ感じで、わりと固めみたいです。
ケチャップがなくて、赤っぽい色のビネガー、塩、こしょう、オリーブオイルの調味料4点セットが一緒に出てきました。(写真の左斜め上)

これがボヘミア風なのでしょうか。
でも、残念ながら、どれもかなりイマイチだったようで、日本から持ってきたタバスコがここでも大活躍しました。

付け合せのレタスは、味がしっかりしていて、美味しかったです。
全部で、410コルナくらいのランチでした。




2008.10.06 Monday | 海外:チェコ | comments(0) | trackbacks(0)