成城 フランス料理アシエット 夏の特別メニューのディナー | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

東京の高級住宅街・成城にある一戸建てのフランス料理レストランアシエット「夏の特別メニュー」を頂きました。

2009-07-19 2009-07-19 001 001

小田急線成城学園前駅の一本通りを入ってすぐのところにあるのですが、とても雰囲気のあるたたずまいです。

2009-07-19 2009-07-19 001 048

2009-07-19 2009-07-19 001 009

今回は「夏の特別メニュー」で、一番軽いコースにしました。

一口オードブル、前菜またはスープ、メイン、デザートです。一口オードブルとデザート以外は色々と選べます。

まずは一口オードブル。
ハモのエスカペッシュ、カレー風味&子羊の生ハムとオリーブのパウンドケーキ

2009-07-19 2009-07-19 001 003

一皿目からすでにアートな一品ですね。

こちらが、ハモ。カリッと揚げられているハモって初めての味です。
しかもマリネになっていてお酢のさっぱり感がけっこうしっかりしているのですが、つーんとしていなくて、カレー粉の香りもしっかりして、食欲をそそられます。

2009-07-19 2009-07-19 001 004

こちらは、生ハム。子羊の生ハムは初めてです。
塩気が穏やかで、癖がないので、食べやすいです。
塊のお肉のソテーなどよりも、万人ウケしそうです。
普通の生ハムよりも、深くて広い味がしますね。色は鮮やかではないのですが。

2009-07-19 2009-07-19 001 005

前菜・スープ。
私ヴァロンは、冷製グリーンアスパラのスープ、百合根とサマートリュフ添え

2009-07-19 2009-07-19 001 010

2009-07-19 2009-07-19 001 015

カプチーノのように泡立ったスープで、サマートリュフが惜しげもなくたっぷりと乗せてあります。色合いも素敵。

アスパラの味が優しく、でもしっかりと感じられます。じゃがいもが味の邪魔をしていないのが、さすがです。これだけたくさん乗せてあるのに、トリュフの香りが思ったよりも少なかったのが、ちょっと残念。こんなもんなんでしょうかね。

2009-07-19 2009-07-19 001 011

相方さんのチョイス。
フォワグラのソテー、桃のヴァニラ風味添え、赤ワインソース

2009-07-19 2009-07-19 001 012

2009-07-19 2009-07-19 001 016

このフォアグラは、大変素晴らしい一品です。

鮮度、火加減、食感、ソース、どれも見事に完成されていて、これぞフォアグラ!!という味でした。
まったく臭みもなく、外はカリッと香ばしく中はとろける食感で、十分メインになる一皿ですね。赤ワインとの相性も申し分ないそうです。

2009-07-19 2009-07-19 001 017

自家製パン、2種。

2009-07-19 2009-07-19 001 007

ミルクと、確かライ麦(胚芽だったかな?)。熱々が出てきます。

プチサイズなので、女性にも頂きやすいですね。

2009-07-19 2009-07-19 001 008

いよいよ、おまちかね、メインの登場。

私ヴァロンのチョイス。
舌平目のマッシュルームファルシー、サフランソース

2009-07-19 2009-07-19 001 021

2009-07-19 2009-07-19 001 022

まずは、盛り付けが素敵ですね。アシエットって昔から積み重ねて高さを出す盛り付け方が特徴な気がします。華やかになりますね。

サフランソースも色がキレイなのですが、味は見事にアメリケーヌソースで海老の出汁がしっかりとしている、美味しいソースです。

舌平目をカットしてみます。

2009-07-19 2009-07-19 001 024

2009-07-19 2009-07-19 001 025

中には、たっぷりのマッシュルームが詰められていました。

舌平目が柔らかく、マッシュルーム、ソースとの相性もピッタリで一体感のある味でした。これは、かなり手の込んだ一品です。

相方さんのメイン。
牛フィレ肉のソテー、色々な細切り野菜を添えて

2009-07-19 2009-07-19 001 018

大理石を思わせるお皿が目を引きますが、それ以上に美味しそうな牛フィレにも釘つけになります。

2009-07-19 2009-07-19 001 020

お野菜は下に敷かれていました。

この見事な牛フィレの厚みと、火の入れ具合。程よい柔らかさとさっぱり感が、夏なのに美味しく塊のお肉を頂けます。

2009-07-19 2009-07-19 001 023

私ヴァロンの舌平目もそうですが、程よい量のメインなので最後まで美味しくいただけます。

デザート一品目。
巨峰のゼリー、ザバイヨンソース

2009-07-19 2009-07-19 001 026

2009-07-19 2009-07-19 001 027

ザバイヨンソースがフワフワと泡だてられていて、軽い食感です。

生の巨峰だけ頂くと酸味がけっこうあるのですが、洋酒の効いた巨峰のゼリー、ソース、3つを同時に頂くと味が完成されているのです。さすが、計算されています。これは大人の味ですね。

2009-07-19 2009-07-19 001 029

そして、デザート。
無花果のタルトとメロンのスープ、牛乳のアイスクリーム添え

2009-07-19 2009-07-19 001 031

何とも美しいお皿。女性が泣いて喜ぶ感じですね。

メロンのスープ。くりぬいたメロンがゴロゴロと入っています。

2009-07-19 2009-07-19 001 033

2009-07-19 2009-07-19 001 039

牛乳のアイスクリーム。けっこう濃厚な味です。

2009-07-19 2009-07-19 001 034

そして、無花果のタルト。

2009-07-19 2009-07-19 001 035

タルトなのに、しっとりと柔らかいので、フォークで静かにカット出来ます。大変ありがたいですね(笑)

タップリと無花果が入っていました。上にドーム状のチーズのムースが乗せてあります。食べ応えのある一品です。(下の写真は、タルトの部分が上にきちゃってますが)

2009-07-19 2009-07-19 001 040

デザートもしっかりと堪能しました。

最後に、プチフール。

2009-07-19 2009-07-19 001 041

2009-07-19 2009-07-19 001 047

プチフールのトリュフは、中がトローリとしていて美味だそうです。

飲み物はハーブティーもありました。

2009-07-19 2009-07-19 001 045

2009-07-19 2009-07-19 001 046

フランス料理レストランアシエットは、どれも、しっかりと手を加えているお料理で、大変美味しく頂きました。お店の雰囲気も静かで、ゆっくりと楽しめたのも良かったです。

これに、グラスのワインを2杯つけて、1万数千円ほど。
コストパフォーマンスも、とても良いのではないでしょうか。

オススメ度

2009.07.23 Thursday | フレンチ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/107
この記事へのトラックバック