渋谷にある天然酵母を使ったパン屋さんブーランジェリー ラ・テール | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

 

渋谷駅の東急東横店にある、東急フードショーの地下一階にある、ブーランジェリー ラ・テールでパンを購入しました。
三宿に本店があり、吉祥寺のアトレ内などにもお店があります。
系列店には、洋菓子店や、レストランなどもあるそうです。

天然酵母を使い、フランスの石窯で焼いているそうです。
パンはすべてショーケースに入っているので、店員さんに注文して包んでもらうしくみになっています。

シナモンクラップフェン 158円。



ショーケースに入っているときは、あまり気が付きませんでしたが、いざお皿に乗せますと、おもったよりもかなり大ぶりで、びっくりしました。
ドイツのノルドライン地方の伝統菓子だそうで、本店と渋谷店だけでの販売だそうです。
味は2種類あり、プレーンもあります。
今回購入したものは、レーズンが入っていて、シナモンシュガーがまぶしてあります。
大ぶりで、ゴツゴツしているように見えて、なんだか結構硬そうに見えるのですが、見た目とは反対に、ふわっとした感触です。



レーズンはラム酒に漬け込まれているようで、レーズンを食べてみますと、洋酒の甘い香りが広がります。
中の生地は意外にも、とてもしっとりとしていて、とてもドーナツを食べているような感じではないです。
他にはない食感と味で本当に驚きましたが、なかなか美味です。
大きな気泡もあちこちにありますので、ぺろっといただけます。

いよかんのスコーン 158円。



ショーケースに入っているときからわりと小ぶりだなあと思っていたので、思った通りのサイズです。
表面が少しぼこぼこしていて、手作り感が漂います。



すごく甘い訳でもなく、バターの香りも主張しないので、あっさりといただけるスコーンです。
外の生地は、少しさっくりとしていて、中はしっとりした生地で、少しホロホロした食感もあります。
中には、愛媛県産の伊予柑のピールが少し入っています。



伊予柑のピールのところを食べますと、柑橘系の爽やかな風味が感じられます。
ピールが若干硬いかなとは思いましたが。
このくらいの甘さとサイズでしたら、おやつはもちろん、朝食にも良いかなと思います。

2011.10.08 Saturday | パン屋 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/114
この記事へのトラックバック