ディズニーシーのレストラン マゼランズ アントレ・デザート | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

 

ディズニーシーのレストラン マゼランズ「ニューワールド」というコースの続きです。

パン


フランスパンと、けしの実のついたパンです。
けしの実のパンは、なんとハート形がデザインされていました。



アントレ(2種類から選べます)
鴨胸肉のロースト オレンジソース




多すぎない量で、上品なサイズのメイン料理です。
とても華やかな盛り付けも目を引きます。
鴨肉の上にトッピングされている、チーズのようなものは、お麩の1種らしいです。

付け合せが、ちょっとかわいらしいです。



赤みのお肉は、噛み応えがあり、旨みがじわじわと出てきて普通に美味です。
オレンジソースが、マーマレードを使用しているようで、ほろ苦さがあるのは良いのですが、少し甘すぎたのが、少し残念です。

本日の魚料理

この日は、目鯛のソテー もろみソースでした。
盛り付け方が、こちらもとてもおしゃれです。



お魚の臭みも全くないのですが、少しだけ火を入れすぎているようで、少しパサパサとしていたのが残念です。
また、もろみソースというものが、珍しいので楽しみでしたが、ソースが少なすぎて、味があまりわからなかったです。

デザート(3種類から選べます)
本日のデザート

この日は栗と洋梨のムース&白ぶどうと赤ぶどうのアイスクリームでした。



やはり、盛り付けが素敵です。
今回のコース料理の中で、唯一ディズニーを感じされてくれたものがありました。



たぶん、ミッキーだと思います。
アイスはとてもきれいなマーブル状になっていて、それぞれの味わいがしっかりと感じられました。
栗と洋梨のケーキは、見た目はきれいなのですが、味の一体感があまりなく、どこかチープな味に感じてしまいましたし、とにかく甘すぎました。

クレームブリュレ




とても濃厚な味わいで、甘さもかなり強めなので、しっかりとスイーツを食べたという感じがします。

最後には、コーヒーまたは紅茶があり、紅茶も数種類から選べました。

ディズニーシーの賑やかさから離れて、落ち着いてお食事のできるお店でした。
お料理は、スープがやや量が多かったのですが、それ以外は上品なサイズで、お店のスタッフさんもとても丁寧でした。
クセがなく、無難な味付けなので、年代を問わず口に合いそうですが、見方を変えますと、可もなく不可もなく、という印象にもなります。
デザートだけは、かなり甘さが強かったです。
アミューズメントパークの中のレストランということを考えますと、まずまず良い方なのではないでしょうか。


2011.10.29 Saturday | フレンチ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/136
この記事へのトラックバック