幡ヶ谷のパン屋 リュ・ド・ベリー、根菜サラダ・かぼちゃプリン | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

 

京王線幡ヶ谷駅にあるパン屋さん、リュ・ド・ベリーに行ってみました。
車では時々通りますが、お店に入ってみるのも、食べてみるのも初めてです。

甲州街道沿いにあり、全面ガラス張りなので、わりと目を引く、おしゃれな空間のお店です。
おしゃれなお店なので、フランスパンなどのハード系のパンがあるのですが、棚に並べられているパンをよく見ますと、あんぱんやカレーパン、ドーナツなどもあり、意外にも庶民的で懐かしさも感じるようなパンも色々と並べられています。

今回はお食事系のパンとスイーツ系のパンを1個づつ食べてみました。
(テイクアウトのみのお店です)

根菜サラダパン 140円。



バターロールのような生地と、マヨネーズベースのソースと合えたサラダのパンです。
ごぼう、にんじん、れんこん、黒豆、枝豆、大豆、とうもろこしなど、約10種類ほどの野菜を使っているようです。
これは野菜好きの方や、女性に人気がありそうなパンですね。



140円というリーズナブルな価格ということもあり、パン生地の上に、ちょこんと少しだけサラダがトッピングされているのかと思ったのですが、いざ食べてみますと、生地の下の方までしっかりと入っていました。
思ったよりも具がたくさん入っていましたので、嬉しい誤算です。

購入してから食べるまでに時間が経ってしまっていたので、パン生地が多少パサついてしまいましたが、味やボリューム感、価格を考えますと、コストパフォーマンスが良いと思いました。

かぼちゃプリンパン 200円。



期間限定商品でのパンです。
(他にかぼちゃのコロッケパンもありました。)
かぼちゃの鮮やかな黄色が映える、スイーツ系のパンです。
持ってみますと、思ったよりも、ずっしりとした重さがあり、横から見ますと、厚みもあります。



こちらも、購入してからしばらく経ってから頂いたので、パリパリッとしたデニッシュ生地の香ばしさや食感が、少しなくなってしまいましたが、生地の油が全く浮き出てきていませんでした。(パンを入れていた紙袋に、まったく染み出していませんでした)
油っぽさがないので、意外にヘルシーなデニッシュパンかもしれません。

「かぼちゃプリン」というネーミングのパンですが、パン生地の上のトッピング部分は、濃厚なかぼちゃのクリームでした。
とっても滑らかで、少し洋酒が効いていて、モンブランのペーストにかなり近いテイストでした。
かなり本格的なスイーツの味わいで、子供向けというよりも、大人向けのような気がします。



その下には、やや控えめな量のかぼちゃのプリン生地が敷かれていました。
こちらは、少し軽やかさのある味ですが、かぼちゃのプリンそのものの風味がしています。
かぼちゃを2段使いされているので、かぼちゃの風味を前面に感じられます。
想像以上に、とても手の込んだパンなので、かなり満足感が發ったです。
2011.11.03 Thursday | パン屋 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/144
この記事へのトラックバック