ミシュラン3つ星 ジョエルロブションで豪華ディナー 前菜編2 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

ミシュラン東京版で見事に三つ星をキープされた、ジョエル・ロブションでの11月メニューの続きです。

2品目、オシェトラキャビア 雲丹と共に甲殻類のコンソメゼリー なめらかなカリフラワーのクレーム

robu-IMG_2599.jpg

本当に絵画のような美しさのお料理です。

金箔付きの黒いトレーは、日本のお茶席で、和菓子をのせるお盆を思い浮かべます。でも、そこに、真っ赤なバラの花びらを添えてあるところが、フランスを感じさせますね。

robu-IMG_2600.jpg

ジョエル・ロブションのスペシャリテです。

robu-IMG_2603.jpg

上の緑色の点てんは、パセリのソースだそうです。

下には雲丹がゴロゴロと、丸ごと入っています。雲丹好きには、たまりません。お寿司屋さんで食べる、「雲丹の軍艦巻き」の2個分くらいの雲丹が入っている感じで、とても贅沢です。

クレーム部分は、本当になめらかで、濃厚です。下のコンソメゼリーが、しっかり固めなので、対比が面白いです。

そして、オシェトラキャビアが、ほどよいプチプチ感で、全部が見事にマッチしたお料理です。キャビアは、ベルーガキャビアが有名ですが、それよりも若いキャビアなので、プチプチ感が、程よいやわらかさなのだそうです。さすが、スペシャリテの一品です。

パン。

IMG_2598.jpg

バターもテーブルにありますが、お皿のくぼみに、オリーブオイルに一滴だけバルサミコ酢が、垂らしてあります。この一滴っていうのが、イタリアンじゃないということを物語っています。

パンは、実は他にもたくさんあります。

IMG_2610.jpg

ちょっと、写真が小さいんですが、たくさんの種類のパンがワゴンで運ばれてきます。もう、見ているだけで、わくわくします。数十種類はあると思います。

これも、ロブション名物ですね。

IMG_2612.jpg

栗の形をしたパンです。栗は入っていませんが。

IMG_2611.jpg

チーズのパンと、ミルクのパン。片っ端から、全種類制覇したいくらいです。

2008.11.29 Saturday | フレンチ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/167
この記事へのトラックバック