RESONANCE レゾナンスでクリスマスディナー(前菜) | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

東京駅近くの東京ビル2階にある、RESONANCE レゾナンスでクリスマスディナーを頂きました。

2008-12-23 2008-12-23 003 022

2008-12-23 2008-12-23 003 020

けっこうクールでおしゃれなレストランです。周りを見ると、同じくらいの年のカップルばかりでした。

今回は、クリスマス限定のコースを食べました。

2008-12-23 2008-12-23 001 001

まずは、シャンパンと発泡水で乾杯!

2008-12-23 2008-12-23 001 003

この発泡水は、炭酸が結構小さめで、お水自体は、かなりの軟水でした。でも、面白いことに、飲んだ後、ビリビリッと舌が感じるのです。不思議なお水ですね。

始めに一口前菜が出てきました。

2008-12-23 2008-12-23 003 003

チーズの入ったパンです。硬すぎず、柔らかすぎず・・という食感です。ベーコンも入っていましたね。

一品目は、カリフラワーのムース コンソメデューブルのジュレ寄せ キャビア添え です。カクテルのグラスに入って登場です。

2008-12-23 2008-12-23 001 006

アップのお写真を。

2008-12-23 2008-12-23 001 007

カリフラワーのムースは、先月行ったジョエル・ロブションと、かなりかぶりました。

レゾナンスのカリフラワーのムースは、けっこうコンソメデューブルのジュレの味が強かったです。キャビアそのものの味や食感も、まあまあですね。

2品目は、今回のメニューで一番期待していたフォアグラです。
フォアグラのテリーヌ プラムのコンポートとグロゼイユ添え です。

2008-12-23 2008-12-23 003 004

アップのお写真です。

2008-12-23 2008-12-23 003 005

フォアグラのテリーヌは、けっこうボリュームがありました。

食べてみますと、なんか、どこかで食べたような感じです。イメージしていた味とちょっと違いました。

何というか、フォアグラに色々な混ぜ物をしてあるようなお味でした。フォアグラのソテーではないので、当たり前なのですが。それでいて、「内臓っ」ていう味です。

プラムのソースやコンポートと一緒に食べて見ますと、プラムのコンポートの味が、勝ってしまいます。しかし、フォアグラ独特の、いかにも肝っていう まったりした食感は、存分に味わえました。

これから、ぞくぞくとメイン料理がでてきます。

その1: アミューズブーシュ、オードブル
その2: メイン、デザート

2008.12.25 Thursday | フレンチ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/175
この記事へのトラックバック