ミシュラン3つ星 ジョエルロブションで豪華ディナー スープ編 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

ジョエルロブションのディナーの続きです。

3品目、フランス産 栗 なめらかなブルーテにし、スモークミルクのムースのムースに注いで

IMG_2613.jpg

横から見ます。

IMG_2614.jpg

見た目が、こちらも和を意識しているようです。松葉や栗の装飾や、黒い盆、栗という食材など、とても日本らしいです。

お料理自体も、栗をスープにすることは、初めて聞いたので驚きました。

しっかりした栗の味の味わいのスープなのですが、中には、大きめにカットした栗とベーコンが入っています。栗にベーコンを合わせることも、初めてですが、ベーコンが入っていることで、食事という感じになりますし、アクセントにもなります。

上に乗せてある真っ白いミルクは、とても驚くくらいにスモークの香りがします。味はしなくて、香りだけというのも、技術の高さを感じます。

そして、泡は、カプチーノの泡のようで、若干キメが大きいです。だから、下の濃厚な栗のスープに合うんですね。泡が細かいと、混ざり過ぎちゃって、合わない気がしますので、計算しつくされている気がします。

本当に完璧な状態で、組み合わせてありますので、料理人の技術の素晴らしさを感じました。

2008.11.30 Sunday | フレンチ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/178
この記事へのトラックバック