ミシュラン3つ星 ジョエルロブションで豪華ディナー お肉編 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

ジョエルロブションで豪華11月のディナー、その5です。

今回のコースのメイン料理です。

ハーブ豚ロース肉 真空調理をしてからメープルシロップと黒こしょうでキャラメリゼし、キャビア・ド・オーベルジーヌと松茸を添えて

IMG_2626.jpg

まず、見た目が本当に美しいです。

IMG_2627.jpg

このお料理にも、日本を意識させる松茸が添えられています。今年の松茸は、昨年よりもけっこう質が良い気がしますから、嬉しいです。

松茸は、熱々ではないのですが、松茸半本も使っていますので厚みがスゴイです。噛むと、香りがぶわあ〜んとやってきます。

キャビア・ド・オーベルジーヌは、松茸の右側に添えてあるもので、お茄子のディップみたいなものです。上にやはりお茄子のチップスが刺さっていて、カレー粉のスパイシーな香りがけっこうします。それなのに、味はやさしいお茄子の味というギャップが驚きでした。

そして、豚肉は普段よく食べ慣れているのですが、それと全然違います。今まで、食べていた豚肉って何だったのかと思うくらいの違いです。

とっても上品な豚肉の味わいなのです。

ソースの甘さと引き締め感も絶妙ですし、お肉の脂身もトロトロで、美味しいです。

かなりボリュームがありました。

次は、女性必見の、デザートです。
2008.11.30 Sunday | フレンチ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/182
この記事へのトラックバック