銀座フレンチの名店「ロオジエ」のアラカルトディナー アミューズブーシュ編その1 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

2010-11-23 2010-11-23 001 165

昔から憧れていたミシュラン三ツ星(2011年版では違いますが)のお店で、銀座のフレンチの名店ロオジエに行ってきました。

すでにクリスマスイルミネーションが始まっています。

2010-11-23 2010-11-23 001 166

入口のすぐ横にある、お店専用の駐車場の前に着くと、すかさずお店の方が名前で呼んだり、さっと傘をさして下さったり、だいぶ早く着いてしまったのですが殆ど待たされることもなく、店内に案内していただけます。

お店の中に入る前から、一流のサービスです。

2010-11-23 2010-11-23 001 002

メニュー。

2010-11-23 2010-11-23 001 004

さすが、女性用のメニューには、値段が一切書かれていません。一緒に挟まれていた、白トリュフづくしのコースのみ、値段が書かれていました。

コース料理メニュー。

2010-11-23 2010-11-23 001 006

アラカルトメニュー。

2010-11-23 2010-11-23 001 005

アラカルトを見てしまうと、魅力的なメニューが色々とあるので、今回はアラカルトでオーダーしてみました。フレンチの名店でアラカルトを頼むのは、初めてです。

アラカルトの前菜メニュー。

2010-11-23 2010-11-23 001 007

アラカルトのメイン料理メニュー。お魚系。

2010-11-23 2010-11-23 001 008

お肉系。

2010-11-23 2010-11-23 001 009

私はペリエ、相方さんは赤ワインで乾杯。

2010-11-23 2010-11-23 001 014

初めてコース料理ではなくアラカルトを選んだので、アミューズブーシュが出てくるのかどうか、わからなかったのですが、2品登場しました。コースでなくても出てくるんですね。

アミューズブーシュ その1 マッシュルームのムース!?

2010-11-23 2010-11-23 001 016

とってもオシャレな1品です。

お料理だけ見ますと、赤いワンポイントが欲しいので、ピンクペッパーや粉末のパプリカを載せたいところですが、スプーンの柄に、バラの花びらを添えたというところが、「なるほど、そう来たかぁ・・」と関心してしまいました。

敷かれている食器もまた、随分と面白いです。

2010-11-23 2010-11-23 001 019

とろけるような柔らかさではなく、プリンのような食感のムースで、上には抹茶を混ぜたオリーブオイルが掛けられています。

マーブル模様が、絵画を思わせます。

2010-11-23 2010-11-23 001 018

マッシュルームの姿は一切見当たらないのですが、し〜かり風味が、ぶわあ〜と押し寄せてきます。
個人的には、上のオイルがもう少し少ない方が好みですが、これは結構美味です。

2010-11-23 2010-11-23 001 024

そして、面白いことに、食べ進めると少しピリッとした刺激を感じます。どうも「わさび」のような気がするので聴いてみたところ、やはりわさびを使用しているとのことでした。

フレンチでわさびを使うなんて、斬新なアイディアで意外性もあり、それでいてとても味が良いので、驚きました

こちらは、添えられている極薄のラスクのようなものです。カードホルダーのようなものに挟んでいるのも、結構ユニークです。

2010-11-23 2010-11-23 001 020

すごく薄くてパリッというか、バリバリッとした食感で、3枚ありますが、すべて違うものです。細かいこだわりですね。

右は、なんと岩のりを練り込んだフランスパンを使用していて、こんなに薄くても、結構海苔の風味が感じられます。

2010-11-23 2010-11-23 001 025

つづく。
2010.11.25 Thursday | フレンチ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/186
この記事へのトラックバック