ミシュラン1つ星のフレンチレストラン タテルヨシノ汐留 前菜編 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

ミシュラン1つ星のお店で有名なフレンチレストラン タテル ヨシノ 汐留の前菜編です。

四品目。前菜3種類から選びます。
私ヴァロンが頼んだもの。スープ・ド・ポワソン

2009-11-23 2009-11-23 001 032

スープの無いスープ???

いやー、ホントに焦りました。スープ・ド・ポワソンて、魚介のスープですよね・・・という自分に自信がなくなってしまいました。違ったっけ??

そうしたら。。。

2009-11-23 2009-11-23 001 033

このように、お店の方が、スープを目の前で注ぐというパフォーマンス! これは見ていて、なかなか楽しい瞬間です。

そして、完成したスープ・ド・ポワソン

2009-11-23 2009-11-23 001 036

ちょっとしょっぱいのですが、魚介のとても深い味わいです。

このスープは、このフレンチレストラン タテル ヨシノ 汐留に足を運ばないと味わえない一品ですね。

アップのお写真。

2009-11-23 2009-11-23 001 042

具材が、これまたとても手の込んだものばかり。

まぐろに衣を付けて揚げてあったり、白身魚にトリュフを挟んで葉物で包んだり。私は、人生で初めてこれだけ手の込んだスープを頂きました。ランチでしたら、このスープとパンだけでOKですね。

相方さんの選んだ前菜。手長海老とかぶのラヴィオル見立て

2009-11-23 2009-11-23 001 038

こちらは、また見た目にもとてもオシャレでアートな前菜です。

2009-11-23 2009-11-23 001 040

ラディッシュの裏には、ひっそりとウニがいて、遊び心も感じます。

2009-11-23 2009-11-23 001 039

手長海老の上には、薄くかつらむきをした、かぶがひらり〜と載せてあり、海老が透けて見えています。この重ねた感じが、確かにイタリア料理のラヴィオリっぽく見えますね。

そして、この手長海老なんですが。

限りなく生に近いけど、火が通っている、絶妙な技!なのです。

モダンなお皿には、にんじんのピューレや、バジルソースなども、まるで絵画のように敷かれているので、一緒につけて頂きます。

海老は思ったよりも大きいサイズで、生とは違ったとろけるような食感で、とっても軽やかで爽やかな一品です。
2009.11.30 Monday | フレンチ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/192
この記事へのトラックバック