銚子駅近くの和食屋さん、旬彩処 あぐり 金目鯛の姿煮 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

 

千葉県の養老渓谷の紅葉を見た帰りに、銚子駅近くの旬彩処 あぐり で夕食を食べてみました。
ホテル サンライズ銚子というビジネスホテルの1階にあります。



少し早目の夕食の時間でしたが、お客さんがすでに入っていて、食べていました。
ホテルの宿泊客なのかもしれませんが。
お店の中は、ファミレスのようなオオバコ系のカジュアルレストランです。

メニュー。







銚子という場所柄もあり、お刺身やお寿司などの魚介系が多いのですが、お肉系もあり、メニューもファミレスっぽい感じです。
でも、オススメの魚介料理もあります。



銚子名物の金目鯛の姿煮など、魚介系を4品頼んでみました。

あじのなめろう 580円。



千葉の魚介料理ですぐに名前の出てくる、名物料理です。
思ったよりも、白いのでちょっとびっくりです。



お味噌がかなり控えめなので、入っていないのかと思ってしまった位です。
でも、新鮮なあじを使っているような気がします。

うに貝焼き 450円。



メニューを見て、いまひとつよくわからないまま注文してみましたが、想像と違ってびっくりしました。
はまぐりの貝殻に雲丹を乗せて、香りをつけながら焼いてあるようです。
立派なカキの貝殻に乗せられていますが、これがなかったら、食べるところが少ない感じで、かなりまたイメージが変わりそうです。



でも、雲丹がこんもりと盛り付けられていて、表面は香ばしく、中は半生のようなちょっと蒸したような日の入れ具合で、なかなか面白いです。
臭みなどが全くないのが、よかったです。



金目鯛の姿煮 2500円。



銚子で絶対に食べたいと思っていたお料理です。
結構大きめサイズの金目鯛です。


かなり濃いめの甘辛の味付けですが、金目鯛の身がふっくらとしていて、皮のところは、とろ〜っとしてコラーゲンがたっぷりありそうです。
これは、さすがに美味です。



パエリア風洋風釜飯 950円。



洋風釜飯というのは、初めてなので食べてみました。
海老やカニ、ムール貝、いか、ホタテなど、結構具だくさんで、トマトソースがかかっています。



結構穏やかな味で、金目鯛の姿煮が濃い味でしたので、ホッとします。
トッピングの魚介は、少し味が出すぎてしまって、出がらしのようになっているものもあったのが、ちょっと残念です。

気軽にリーズナブルに魚介料理が楽しめました。
2011.12.17 Saturday | 魚介料理 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/253
この記事へのトラックバック