ビストロ ミルエテ フォアグラのポワレ・和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

 

世田谷区の大原にある、ビストロミルエテに行ってきました。
京王線の代田橋駅から、甲州街道沿いにあります。

オレンジ色のひさしが印象的な、ちょっとかわいらしい感じのお店です。



メニュー。









夜はとってもお安いコース料理もあるのですが、アラカルトから選んでみました。

グラスワイン。 



赤、白、スパークリングの約10種類が揃っています。
注文しますと、気になるワインを色々とテイスティングできるのが、とてもいいですし、シェフ自ら色々と説明をしてくれるのも、とても参考になります。
特に何杯か飲む予定の場合は、1杯目はこれ、2杯目はこれ、と計画が立てられますしね。
600円から1000円という価格も、割とリーズナブルな気がします。

アラカルトメニューは、
本日のオードブル (500円から) 14種類
季節のオードブル (900円から) 10種類
メイン (1700円から) 6種類が揃っています。

生ハムサラミの盛り合わせ 700円。



パルマ産の生ハムと、トスカーナ産のサラミの盛り合わせのようです。
パセリのみじん切りがトッピングされていて、とてもきれいな盛り付けです。
生ハムはとても薄くカットされているので、柔らかく、風味や旨みが豊かで、後からじわじわと塩気が感じられます。





赤身の部分が特に旨みが感じられます。
サラミは、わりとしっかりとした食感が楽しめ、ガツンとくる塩気なので、ワインやビールとの相性が良いと思います。






フォアグラのポワレ 柿のソルベ添え 1500円。



おしゃれな盛り付けで、テンションが上がります。



とろけるような食感のフォアグラは、クセが結構少ない味わいなので、とても食べやすいと思います。





フォアグラのポワレやソテーは、ベリー系やいちぢくを添えたり、生やジャムのような状態で添えることが多いのですが、柿を合わせるのは、とても新しいと思います。



しかもソルベになっているのが、とてもオリジナリティがあってよかったです。
甘さ控えめで滑らかな食感のソルベなので、フォアグラのとろける食感ともよく合っています。
一緒に食べても、お口直しに食べても楽しめます。

仔羊もも肉のロースト バジル風味 1700円。



ピンク色の仔羊のお肉と、バジルなどの香草のパン粉の緑色のコントラストがとてもきれいです。





しかも添えてある野菜が、とにかく種類豊富で華やかな一品です。
仔羊のお肉はあっさりとした味わいでクセがないので、牛肉よりもダンゼン食べやすく感じます。
硬さなども、牛肉などと変わらないのも、食べやすい要因かと思います。
香草パン粉の風味が効いているので、さらに食欲をそそります。

和牛ほほ肉とアキレス腱の赤ワイン煮込み 2000円。



想像以上の大きさで、迫力あるボリューム感です。




こちらのメインにも、添えてある野菜が色々な種類が入っていて、カラフルなので、とてもきれいなお料理です。
お野菜も素材が良いのか、本来の美味しさを楽しめるのが、とてもいいんですね。
お肉はフォークだけでほろほろと解けていく柔らかさで、アキレス腱もトロトロしていて、美味です。





ソースは濃厚ながら、赤ワイン一辺倒の味でなく、塩気も控えめなので、オリジナルな味わいだと思います。
アルコールを飲まない方でも美味しくいただけます。

グラスワイン2杯、スパークリングウォーターを入れて 9300円でした。

お料理は、色々と素材にこだわっていたり、ソースなどの味付けにもオリジナリティが感じられ、なかなか満足感がありました。
シェフともう一人の方が調理をしつつ、接客も行っていましたので、お料理が出てくるまでに、結構時間がかかるのが、ちょっと惜しい気がしますね。

ちなみに、一人300円のパン代がかかるようですし、クレジットカードが使えるそうですが、消費税が別途かかりますので、現金を用意した方が良さそうです。


ビストロ ミルエテ


2012.04.11 Wednesday | フレンチ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/290
この記事へのトラックバック