本場フレンチビストロの味!レストラン キノシタ 前菜・スープ編 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

2011-04-03 2011-04-03 001 023

以前から気になっていた、レストラン キノシタに行ってきました。
予約が取れない人気店で有名ですが、1週間前位に連絡をしたら予約が取れました。

初台にある東京オペラシティから代々木の方向に進んだ所にあります。
パリッとした白いリネンが目を引きますが、落ち着いた雰囲気でありながらカジュアルさも感じます。

2011-04-03 2011-04-03 001 003

2011-04-03 2011-04-03 001 005

2011-04-03 2011-04-03 001 006

飲み物のメニュー。
2011-04-03 2011-04-03 001 007

お食事は、プリフィックスで楽しめるBコース (5300円)をオーダーしました。

2011-04-03 2011-04-03 001 012

前菜
スープ又はお魚
お肉料理
お口直しのデザート
デザート
飲み物

を、それぞれから選ぶことが出来ます。

2011-04-03 2011-04-03 001 015

2011-04-03 2011-04-03 001 018

2011-04-03 2011-04-03 001 019

けっこう種類がありますが、メニューに書かれていないお料理もありますので、選ぶのが楽しいですね。

グラス赤ワイン(ピノ ノワール) 1260円・ペリエ 750円で乾杯。
2011-04-03 2011-04-03 001 011

アミューズブーシュ。
2011-04-03 2011-04-03 001 013

小ぶりのシュー生地の様なものに、にチーズが練り込んであります。
フレンチのお店でよく出てくるお料理で、以前タテル ヨシノでも出てきました。

2011-04-03 2011-04-03 001 021

おもったよりの分厚い生地には、チーズの風味がしっかりしていて、塩気もありますので、赤ワインに合いそうです。
生地は、ポンデケージョのような、米粉のパンのような、モチモチ感やむにゅ〜とした食感があります。

2011-04-03 2011-04-03 001 022

前菜(9品+当日の3品より選びます)
フルーツトマトとモッツァレラチーズと人参のムース フルーツトマトのスープとバジルの香りで
2011-04-03 2011-04-03 001 027

他の方のブログや書き込み等で、気になっていた一品です。
とっても色鮮やかで、目を引きます。

2011-04-03 2011-04-03 001 025

イタリア料理のカプレーゼのようなお料理で、トマト・モッツァレラチーズ・バジルの組み合わせが、やはり相性バッチリです。

でも単にトマト・モッツァレラチーズ・バジルを組み合わせただけではなく、カリカリのクルトンを添えたり、ソースとして、フルーツトマトのすりおろしたスープを敷いている所が工夫されていました。

このフルーツトマトのソースが、とっても美味でした

フルーツトマトは、とっても甘くてジューシーで、正に「フルーツ」のようなお野菜ですが、摩り下ろしたソースは、生とはまた違った味わいで、とても優しい味ですし、体に良さそうで、自然の恵みを頂いている様な気分になります。

旅行先などでトマトジュースをよく飲むのですが、今まで頂いた中で一番美味でした。

2011-04-03 2011-04-03 001 036

また、真ん中に盛り付けられている人参のムースが、また美味でした。
口当たりの良い、まったりとした濃厚なムースで、人参の風味が凝縮されているのですが、変なクセを感じない味わいになっています。

もう一つの前菜。
ホワイトアスパラガスのムース (+630円)
2011-04-03 2011-04-03 001 028

メニューに載っていないお料理です。
ヨーロッパでは春の食材としてホワイトアスパラガスを食べるそうですが、日本で生を食べる機会がまだあまりないので、選んでみました。

2011-04-03 2011-04-03 001 029

海老のソースの上に、カニなどの魚介のサラダがあり、一番上にはホワイトアスパラガスのムースが、たっぷりと盛り付けられています。

2011-04-03 2011-04-03 001 031

2011-04-03 2011-04-03 001 034

見た目は、とっても柔らかいマッシュポテトのようです。
ホワイトアスパラガスのムースは、食感もマッシュポテトに似ているのですが、なんだか爽やかさを感じる味わいです。緑のアスパラよりも、クセがないので、とっても優しい印象になるんですね。

時々茹でて角切りになったものも混ざっていて、食感も楽しめるようになっています。
初めての味わいでした。

スープまたはお魚料理(3品より選べます)  
冷たいごぼうときのこのスープ
2011-04-03 2011-04-03 001 039

私ヴァロン。も、あいかたさんも同じものをチョイスしました。
パフェを入れる様なグラスに入って登場です。
上にはごぼうの揚げたものがトッピングされています。

2011-04-03 2011-04-03 001 042

2011-04-03 2011-04-03 001 043

ビシソワーズのような、冷たいポタージュスープで、しっかりとごぼうの風味がするのですが、土の香りがする一歩手前で止めている所がプロの技術を感じます。
きのこの風味は、言われないと分からない位の控えめさで、裏方に徹している気がします。
少し丸みのある味わいが、きのこの風味のお陰なのかもしれません。

2011-04-03 2011-04-03 001 044

きのこ好きとしては、もっときのこの風味を感じられると良かったです。
なので、「ほのかに、きのこ風味」等というタイトルの方が、イメージが湧きやすい気がしました。

でも、冷たいスープで、これだけの風味を感じるは、なかなか他では味わえない気がします。
また、グラスがかなり深さがあるので、思った以上にかなりボリュームがあります。

この後、メインやデザートが続きます・・・

2011.04.09 Saturday | フレンチ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/302
この記事へのトラックバック