フォーシーズンズホテル椿山荘 ル・ダルジャン アフタヌーンティー | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



フォーシーズンズホテル椿山荘の1階ロビーにある、ル・ダルジャンアフタヌーンティー を頂いてきました。
シーズンなどによって、色々なテーマにちなんだものがあるそうですが、今回は、イングリッシュアフタヌーンティーというテーマです。



平日のランチタイムに行きましたが、女性客が多く訪れていて、アフタヌーンティーを楽しんでいる方が半数以上でした。



今回は、アフタヌーンティーに食前酒、お土産付きという豪華なパックです。
3段重ねのハイティースタンドで、下からサンドウィッチ類・スコーン・スイーツ類が盛り付けられています。
飲み物は、お好みのお茶22種類、コーヒー3種類から自由に選べて、以前と異なり、茶葉が色々と変えられるようになったのが嬉しいです。





食前酒。



スパークリングワインですが、ノンアルコールに変更もしていただけます。

1段目 サンドウィッチ 4種類。


ローストビーフのセイグルサンドウィッチ
ハムと卵のホールウィートサンドウィッチ
ツナとセミドライトマトのほうれん草トルティアロール
胡瓜とディル風味のスモークサーモンサンドウィッチ

事前にトマトと魚介類、茹で卵がNGと連絡をしたところ、別メニューを用意して下さいました。



ハムや生ハム、鶏肉に変えてあり、具に合わせてパンも味付けもすべて変えてくださいました。
元のメニューは1種類だけで、想像以上の気遣いで、とてもありがたいです。

生ハムのフォカッチャ。



フォカッチャが油っぽくなく、生ハムの塩気とベストマッチです。

ハムのサンドウィッチ。



大胆に厚くカットされたハムが、しっとりと柔らかくて、ジューシーさも感じて美味です。

鶏肉のサンドウィッチ。



パサつき感ゼロの鶏肉に、スパイシーな香辛料がピリッと引き締めています。
初夏にも食欲をそそります。

ローストビーフのサンドウィッチ。(元のメニュー)



カリッカリに焼けたフランスパンの香ばしさに、柔らかいお肉がたっぷりです。
ピンク色のソースもかわいらしいです。

2段目 スコーン 3種類。



プレーン
オレンジとココナッツ
カレンズ

以前は2種類だった(少し大ぶりでした)のが3種類に増加していました。
1個当たりのサイズは小さくなったものの、厚みと焼けた時の上下の割れ目は健在で、やはりとても美味です。



クロテッドクリームとイチゴジャムをお好みで一緒に頂きます。



イチゴジャムは、ゴロゴロと苺の姿そのまま入っていて、甘さが控え目で甘ったるくなく、とても上品です。

プレーン。



かなり厚みがあります。



外側の香ばしさと、中のふわ〜っとした食感が、最高に美味です。
このまま食べるのが、一番美味しさが感じられます。



オレンジとココナッツ。



オレンジピールが、あちこちにゴロゴロと入っていて、見た目もきれいです。





とても夏っぽいトロピカルな雰囲気です。

カレンズ。



こちらも、ふんだんにカレンズが入っています。



クロテッドクリームとの相性がバツグンです。

3段目 スイーツ 4種類。

ピーチトライフル
オレンジ風味のキャラメルチョコレートムース
リンゴのタルト
フルーツケーキ

ピーチトライフル。



角切りのスポンジにクリームや物凄く柔らかいジュレなどが入った、ミニミニパフェのようなスイーツです。



細長いグラスに入っていて、普通のデザートスプーンで食べるので、結構食べにくかったですが。
思ったよりも、甘さが強いです。

オレンジ風味のキャラメルチョコレートムース。



とろけるようなムースで、わりと甘さがあるのですが、とても上品な印象なのがさすがです。



リンゴのタルト。





小ぶりながら、厚みがあります。
触った瞬間にほろほろと崩れるような、とてもデリケートな焼き菓子です。
中には、大きなリンゴが入っていてびっくりしました。



紅茶は、

シーズナルティー
クラシックティー
フレーバーティー
スペシャルティー
ハーブティー

などがあります。

ルイボスティー。



シュルマートルンク。



カモミール・ペパーミント・ウイキョウ・オレンジピールのブレンドティーです。
ペパーミントが効いていて爽やかでクールな紅茶です。

とても久しぶりに行きましたが、非日常の優雅な時間が過ごせました。
全般的に大満足です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/346
この記事へのトラックバック