銀座みゆき館 銀座で一番おいしいモンブラン、パスタランチ | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



「銀座で1番美味しい和栗のモンブラン」という謳い文句で有名な、銀座みゆき館
銀座のあちこちでお店を見かけますが、今回初めて入ってみました。
ちなみに今回入ってみたのは、本店です。







メニュー。







お店の外にあったパスタランチ1200円を食べてみました。
日替わりで2種類の生パスタから選べて、サラダorスープ、飲み物、好きなスイーツ1品のセットです。(本店以外は、数百円ほど価格が高いようです。)

この日の生パスタは、

温かいパスタ
エビとズッキーニのジェノベーゼ(バジリコパスタ)

冷たいパスタ
フレッシュトマトとタマゴときゅうりとパクチーのトマトソース

というメニューでした。

スープ。



ビシソワーズのようです。
ミニカップではなく、普通サイズのカップに入っていました。

サラダ。



通常はドレッシングがかかっています。(今回は無しにしてもらいました)
デザート用のフォークの大きさを見るとわかりますが、サラダはミニサイズで、ごくごく普通です。

エビとズッキーニのジェノベーゼ(バジリコパスタ)。



バジルの爽やかな香りが、うわ〜と漂います。
鮮やかな緑色がとてもきれいです。
薄切りのズッキーニとえびは、やや少なめで、にんにくもかなり控え目な気がします。

友人のお皿は、ソースがたっぷりで、ズッキーニがかなり少なく、私のお皿にはソースがかなり少ないという、お皿によってソースの量や具材の盛り付けに、かなりのばらつきがあるのが、かなり気になりました。
鷹の爪は、あるのとないのでは、見栄えに差が出ますからね。





生パスタは、確かにモチモチしていますし、エビの食感なども良いのですが、味としては特に印象はなく、かなり普通です。

スイーツは、メニューにある10種類から好きなものを選べますが、やはり「銀座で1番美味しい」というモンブランを頼みました。



飲み物。



コーヒー、紅茶、アイスティから選べます。
珈琲と紅茶は、ポットに入って出てきます。

モンブラン。



思ったよりも大きいサイズです。
アンジェリーナのモンブラン(デミサイズ)と同じくらいだと思います。
しかも、高さも結構ありますので、ドーンとインパクトがあります。





包み紙を取りますと、結構厚みのあって、薄いベージュ色っぽいメレンゲが見えます。



和栗を100%使ったマロンクリームは、茶色ではなく、少し黄色がかった色合いで、よく見ると皮らしきものも見えます。





マロンクリームは甘いのですが、中の生クリームが無糖なので、サラッとした味わいになり、甘さのバランスが取れ、食べやすいです。
アンジェリーナのモンブランと比較しますと、こちらの方があっさりしています。



下のメレンゲが1番甘く、思った以上に厚みがあります。
サクサクした軽い食感はそのままに、もう少し薄くするか、甘さをもう少し控えた方が好みですがね。



濃厚ながら、いつまでも残るような甘さではないので、ブラックコーヒーよりも紅茶に合わせたいモンブランです。

お食事はごくごく普通で、可もなく不可もなくですが、モンブランはやはりイメージ通りに味でした。
でも、銀座という場所柄を考えますと、リーズナブルな気がします。

2012.08.08 Wednesday | 喫茶店・カフェ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/349
この記事へのトラックバック