新大久保の韓国家庭料理 梁(ヤン)の家 名物海鮮チヂミ | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



テレビでもよく取り上げられている有名な韓国料理のお店、梁(ヤン)の家に行ってきました。
今回行ってみた新大久保店の他、新宿西口ハルク店、新橋店、赤坂店もあるそうです。







当日予約をしたのですが、すでにほとんど満席状態で、その後も続々とお客さんが来ていました。
予約をしないと、結構待つかもしれません。

メニュー。








名物の海鮮チヂミと石焼ビビンバ、ユッケジャンの3品を食べてみました。

お通し。



席に着いて注文を済ませますと、おしぼりと共に次々とお通しが運ばれてきました。
本場韓国さながらに、全5品という種類の豊富さで、ビックリです。











キムチやナムル、カクテキ、お豆腐のピカタなど、ちょこちょこ色々と食べられるのは、とても嬉しいですね。
どれも意外にあっさりとしていて、キムチ系などはまるで浅漬けのようでした。

海鮮チヂミ 1575円



大きなお皿にはみ出そうなくらいのビッグサイズです。

韓国料理のお店に行くと、必ずと言っていいほどチヂミは食べますが、こんなチヂミは見たことがなく、またまたびっくりしました。
通常は、分厚いクレープ生地のようなものに、ねぎなどの具が表面に並んでいる感じですが、梁(ヤン)の家のチヂミは、具をみじん切りにして、具にまんべんなく混ぜて焼いてあります。
そして、具の量がとても多く、ほんのつなぎ程度の生地で繋いであるだけという贅沢さです。





なので、お皿に取り分ける時に、気を付けないと具がぽろぽろと落ちそうな感じです。

食べてみますと、両面こんがりと焼かれていて、カリッカリと香ばしくてとても美味です。
具は青ネギとタコ、玉ねぎ等が入っていますが、どれかが主張するわけではなく、具が一体となっていました。
タレなしでも十分美味しく頂けました。



海鮮の旨みは出ている気もしますが、臭みなどは全くないので、魚介類が苦手な方でも美味しく食べられそうです。
これは想像以上に美味で、名物料理なのは納得です。

石焼ビビンバ 1365円(スープつき)。



熱々でジュージュー音を立てながら登場しました。
通常は店員さんがその場で混ぜてくれます。
ほうれん草やぜんまい、もやし、にんじんなどのナムルや卵の他、コチュジャンもあらかじめトッピングされていました。



混ぜるとしっかりとオレンジ色になるのですが、見た目ほどの強い辛さではなく、また塩気も穏やで優しい味わいで美味です。



ナムルも単独で食べますと、素材の味わいが濃くて、良い素材を使っているような感じがします。
ご飯が柔らかめで、思ったほどおこげが出来にくなったことだけが、少し残念です。



セットのスープ。



ソロロタンのように白濁したスープで、牛のダシがとてもよく出ていてコクがあるのですが、あっさりとした印象で、美味です。

ユッケジャン 1365円(ご飯付き)。



真っ赤なスープが大きな食器に並々とたっぷり入って登場しました。
見るからに辛そうでビックリしましたし、確かに今回食べてみた3品の中では一番辛かったのですが、激辛ではなく、お肉や野菜のダシもよく効いていました。



あまり具が無いようにみえますが、スプーンですくってみますと、牛肉や野菜、とじた卵がたくさん出てきました。





ビール2杯を入れて、全部で5355円でした。
全体的にどれも塩気が思ったほど強くなく、むしろ優しくあっさりとした味わいなので、パクパクと頂けて、ボリュームもありますので、お腹いっぱいになります。
コストパフォーマンスは、素晴らしいと思います。
是非リピートしたいお店でオススメです。

2012.08.24 Friday | 韓国料理 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/368
この記事へのトラックバック