タニタ食堂 お弁当 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



タニタ食堂のお弁当を食べてみました。
レシピ本が大ヒットして、タニタ食堂のオープンもテレビなどで大きく取り上げられ、現在でも大盛況だそうです。

今回は、「ニッポンの食、がんばれ!セレクション」応援団特別試食会inタニタ食堂というイベントの一環なので、丸の内のタニタ食堂の中で頂きましたが、銀座の三越でも販売されているそうです。
ちなみにメニューは日替わりだそうです。





ふわふわつくね弁当 516kcal



ご飯、主菜、副菜2種のセットです。

ふわふわつくね 234kcal。





今回の試食で一番気になっていたお料理です。
思ったよりも大ぶりで、ご飯と同じサイズのパッケージに入っていました。
わりと厚みもあります。



「ふわふわ」と書いてあるので、噛まなくても食べられるくらいの食感を期待していましたが、いざお箸で切り分けようとしますと、けっこう硬めでした。
普通のつくねよりも、むしろ硬めな気がします。
細かい鶏の挽き肉を使っているからかもしれません。

タレはお醤油ベースで、あんかけのようにトロみがあります。

大ぶりで硬めの食感なので、食べ応えはありますが、甘さや塩気などの味付けがけっこう控えめなので、好みは分かれそうな気もします。

れんこんのウスターソース煮 101kcal。



コーンが結構甘みがあって、わりと美味しかったです。
れんこんは、やや大ぶりにカットされているので、自然に噛む回数が増えて健康的ですね。



ウスターソースの甘みともよくあっていました。

ごぼうとこんにゃくの炒り煮 37kcal。



今回のお弁当の中では、一番しっかりと味が付いていました。



とても薄くスライスされたこんにゃくは、しっかりと味が染み込んでいて、食べ始めは「しょっぱい」と思ってしまう程でした。

金芽米(100g) 144kcal。



意外に柔らかい炊き上がりでした。
オリゴ糖などのうまみ成分が多く含まれる部分である、亜糊粉層(あこふんそう)と、胚芽の触感の悪い所だけを取って、栄養のある所を残したお米だそうです。



コシヒカリ程ではないですが、噛むと甘みが出てきます。

タニタのお弁当は、全体的にあっさりとした味付けなので、味付けの濃い外食続きの方や、健康に気を遣っている方には、とても重宝すると思います。
もう少し色々な野菜が入っていると、鮮やかで華やかな印象になるので、もっとよかったなあと思います。

2012.08.26 Sunday | テイクアウト | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/379
この記事へのトラックバック