さとう 松坂牛のメンチカツ&コロッケ | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン




吉祥寺の名物グルメの代表である、さとうメンチカツ手作りコロッケを食べてみました。
昔から、通るたびに大行列で夕方には売り切れてしまう程の人気ぶりなのです。
吉祥寺店の他、築地と銀座にもあるそうです。



生の牛肉やカツなど揚げ物のお総菜なども有るのですが、今回は、有名なメンチカツ(左)手作りコロッケ(右)を食べてみました。

注文しますと、紙袋にゴロゴロと入れてもらえるのですが、美味しい食べ方の説明も入っています。




メンチカツ 180円。



野球のボール位の大きさで、俵型ではなく真ん丸の形なのが、特徴的です。
お箸を入れますとザクザクした衣の感触があります。



説明通りに加熱をしている最中に、アルミホイルに余分な油が落ちていましたが、それでも中からじゅわ〜と肉汁が出てきます。
お肉は松坂牛のほか、いくつかの牛肉をブレンドして使っているらしいです。
荒めの挽き肉なので、「THE肉っ!」という味なのかと想像していましたが、いざ食べてみますと以外にも、優しい食感なので、見た目と食感のギャップに驚きました。



それでも、具は挽き肉の他は玉ねぎだけ、というシンプルさなので、お肉の美味しさを十分に感じられます。
強烈な牛肉の味ではない所が、牛のクセを感じさせずに美味しく頂けるバランスになっている気がします。
ソースをかけなくても、十分に美味しくいただけますし、この値段でこの味でしたら、大人気なのも納得です。

手作りコロッケ 120円。




メンチカツがあまりに有名なので、あまり話題になっていないコロッケですが、初めて食べてみました。
下が平らになっているので、メンチカツと区別がつきますし横から見ますと厚みが違うので、区別がちゃんとつくようになっています。



左がメンチカツ、右がコロッケです。
また、衣も違っていて、メンチが荒目なパン粉を使用しているのに対して、コロッケは細かいパン粉を使っていて、薄くつけられています。
なので、少し取扱いに気を付けた方が良いです。



食べてみますと、じゃがいもの甘さが強くて、とっても滑らか口当たりで美味です。
また、けっこうスパイシーなのもいいですね。
所々に、挽き肉ではなくぶつ切りにしたお肉が入っていますので、少し贅沢な気分になりますが、あくまでも主役はじゃがいも、という味のバランスも良かったです。

実はあまり期待して購入した訳ではないのですが、思った以上に美味しかったので、リピート決定です!
メンチカツだけではなく、コロッケもオススメしたい一品です。

2012.08.28 Tuesday | テイクアウト | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/380
この記事へのトラックバック