深大寺 そばサンド | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



深大寺の境内にある、とても珍しいお蕎麦で作られたハンバーガーを食べてみました。
甘味屋のあめやで販売されている、そばサンドです。

中に挟む具が数種類ありましたが、きつね味を食べてみました。

そばサンド(きつね) 500円。



大判焼き器でお蕎麦を焼き固めてバンズの替りにしています。



中には、甘辛に味付けされたおおきな油揚げ、ねぎ、小松菜、大葉、紅ショウガ、海苔が挟んであります。
思ったよりも具材が豊富です。



バンズ替わりのお蕎麦が、かなりしっかりと焼き固めてあって、かなりの噛みごたえです。
硬い食べ物が好きなかたにはピッタリです。
でも、外側だけで中は普通に茹でられたお蕎麦になっています。
お蕎麦をぎゅっと圧縮させてあるので、けっこうお蕎麦の量もあります。



全体的にけっこうあっさりめですが、シャキシャキした小松菜の食感や、清涼感とほろ苦さのある大葉の風味、紅ショウガの辛みと酸味が、全体の味をまとめていて、なかなか絶妙な味のバランスです。

かなり食べごたえもあってお腹いっぱいになりますし、深大寺で普通にお蕎麦を食べるよりも、このそばサンドのほうがいいかなあと思いました。


関連記事




2013.01.12 Saturday | 屋台 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/482
この記事へのトラックバック