蕎麦 みわ 田舎蕎麦、天せいろ | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



ミシュランに掲載されているお蕎麦屋さんがあると知り、行ってみました。
週末の早めのお昼に行きましたが、ぞくぞくとお客さんが来ていました。



木をふんだんに使用した店内は、音楽が流れ、盆栽が飾られていて、手作りのようなどっしりとした食器が使われていて、昔ながらのお店というよりも、とてもおしゃれでモダンな印象です。













そろそろ春の山菜が食べられるのかと思ったのですが、今はふきのとうだけで、他は5月になるそうです。
今回は、ふきのとうのかき揚げ、田舎蕎麦、天せいろを食べてみました。

ふきのとうのかき揚げ 400円。





春らしい食材ですし、ふきのとうだけで作られたかき揚げは、とても珍しいので食べてみました。
油切れがとても良くてサックサクに揚げられて、けっこう厚みがあります。



ふきのとうを細かくカットしてつくられているので、風味が弱くなるのかと思ったのですが、実際には逆で、とても香りも良く、ちゃんとほろ苦さも味わえて、想像以上にふきのとうの風味が感じられて、とても美味です。
普通の天ぷらよりも、風味が強く感じられる気がします。

天せいろ 1600円。



挽きぐるみのようなお蕎麦で、写真ではわかりにくいのですが、よく見るとお蕎麦の粒があちこちに見えます。





つるっとした食感と、お蕎麦の風味もしっかりと味わえます。

天ぷらは、いんげん、かぼちゃ、紫芋、しめじ、パプリカ、れんこん、ふきのとうなどがありました。





レンコンのホクホク&しゃきっとした食感、しめじのジューシーさ、スイーツのような甘さのパプリカ、ねっとりした甘さの紫芋など、どれもカラッと揚げられていて、胃にもたれず、美味しくいただけます。

お塩もありますが、天つゆが、ビックリするくらいに優しい味わいで、天ぷらの味を影から支えるような味で、相性がとても良かったです。

田舎蕎麦 1000円。





一日限定10食のお蕎麦です。
思った以上にかなり黒くて太いお蕎麦なので、見ただけでテンションが上がります。
辛み大根も添えられています。



お蕎麦を見ますと、外皮の粒があちこちにたくさんあります。
けっこう太くて、しっかりとしたコシがあり、よく噛んで味わうお蕎麦です。



噛むごとに、お蕎麦の風味が口の中いっぱいに広がり、良い意味でワイルドという感じです。
とても食べごたえがあり、お蕎麦の風味が存分に味わえて、とても美味です。

天せいろのお蕎麦と比べると、違いは一目瞭然です。



つゆは、かなり控えめの甘さと、たまり醤油のようなコクと奥深さがあり、キリッとすっきりとした味です。
田舎蕎麦のたくましい味わいに負けないように作られている気がします。
ちなみに、天せいろのツユにつけてみましたが、ツユが負けてしまい合いませんでした。

お蕎麦の風味がしっかりと堪能でき、揚げ物の油切れや揚げ方もよく、リピート決定の大満足な味です。
今度は、春の山菜が頂ける5月に行きたいと思っています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/508
この記事へのトラックバック