セストセンソ アッカ | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



渋谷ヒカリエの中にあるイタリア料理のお店、インターナショナルイタリアン セストセンソ アッカで、ランチを食べてみました。





お店の中は満席でしたが、それほど待たずに入れました。



洗礼された都会的な雰囲気のお店で、大人使用のお店と言う感じでステキです。
ランチはAからCまで3種類のコースがあります。







今回は、Bコース 1800円を食べてみました。
いずれのコースも、メインはパスタ3種類、ピッツァは4種類から選べます。



前菜3種盛り合わせ、パスタ、またピッツァから1品、本日のデザート、コーヒーまたは紅茶のセットです。

前菜3種盛り合わせ (右から、スペイン風オムレツ、パテ、カルパッチョ)。


オムレツは、白身と黄身を完全に混ぜずに作っているようで、シラスが混ぜられていました。





フレッシュさも感じるトマトソースと、チーズが合わせてあります。

パテは、お味噌風味で和風の味わいも感じたので、驚きました。





お肉の繊維がとてもありますが、硬くもなく、口に残る訳でもなく、不思議な感じがします。



かなり濃厚な味わいで、しかも塩気が強かったので、添えてあるトーストがもっとほしい気がします。

カルパッチョは、まぐろの上に色々な野菜とマヨネーズベースのソースが合わせてあり、手の込んだ一品です。



かけてあるオリーブオイルが、とても香り豊かです。

手打ちパスタ・キタッラ オーガニックトマトで仕上げた 赤のカルボナーラ



通常のカルボナーラとは明らかに違うような気がして、以前からとても気になっていたお料理です。
トマトクリームソースのように見えますが、トマトはそれほど主張せず、生クリームと卵の味わいが強く、やはりカルボナーラの味わいになっています。



カリカリに焼かれたチーズと、上に振りかけられている唐辛子を混ぜていただきますと、味の変化が付くので、後半は少し食べやすくなります。
とにかくとても濃厚な味わいと言うよりも、少し濃すぎる位なので、シェアして食べる位がちょうど良い気がします。

手打ちパスタのキタッラは、ギターの弦のように張った道具で作るアブルッツォ地方のパスタだそうですが、思った以上にモッチモチで、コシも強く、まるで細目の讃岐うどんを食べている様な感覚です。



これまで食べてきた手打ちパスタの中で、一番美味です。

スパゲッティ 鱈と桜海老・新玉葱のソース 爽やかなトマト風味のパン粉



見た目にも爽やかなお料理です。
ペペロンチーノのようなオイルベースのパスタかと思って食べたところ、魚介のダシがとてもよく効いていて、想像以上に美味でした。



鱈や桜えびも、身がふっくらとしていて、新玉ねぎの瑞々しい食感と甘さも、パスタに合っていました。
トマト風味のパン粉は、とてもきめ細かく、振り掛けて食べますと、少しシャリッとした食感も加わります。





パスタ料理には、フォカッチャが添えられています。



弾力が強く、モチモチ感もしっかりとあり、美味です。

本日のデザート



パンナコッタの上に、杏のソースとバニラアイス、黒い粒はチョコレートに包まれたパフです。



パンナコッタは生クリームの味わいが濃厚でわりと甘めで、杏のソースがさらに甘さがしっかりとあり、全体的にかなり濃厚な甘さなので、少し食べ飽きる感じもしました。



食後のドリンク。



コーヒーも選べます。

インターナショナルイタリアンと謳っている事もあり、全体的に、これまでのイタリアンとは違った、新感覚のイタリア料理のような印象を持ちました。
かなり濃厚でしっかりとした味付けのお店のようです。


関連記事




2013.05.12 Sunday | イタリアン | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/521
この記事へのトラックバック