三重県のご当地グルメ:和田金で「松坂牛のすき焼き」 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

2011-08-18 2011-08-18 001 029

三重県のご当地グルメというと、やはり松坂牛ですね。
伊勢・志摩旅行の初日から、老舗の高級店としても有名な、和田金に夕食を食べに行きました。

2011-08-18 2011-08-18 001 001

このビル全部がお店のようです。
あまりに大きくてびっくりですが、レンタカーで駐車場に着くと、すでにお店の方が誘導して下さる丁寧さで、さらにびっくりしました。

2011-08-18 2011-08-18 001 003

玄関もとても広く、2階まで吹き抜けになっていて、立派な胡蝶蘭まで飾ってあります。
予約なしで行ったので、少し待ちましたが、その後案内されたのが。。。

2011-08-18 2011-08-18 001 049

2011-08-18 2011-08-18 001 004

気楽にふら〜〜と行ったので、ラフな格好で来てしまって、ちょっと申し訳ないような気もします。

メニュー。
2011-08-18 2011-08-18 001 008

2011-08-18 2011-08-18 001 009

2011-08-18 2011-08-18 001 048

こういうものがありますと、とっても安心していただけますね。
和田金の一番の名物である、すき焼き 8400円をオーダーしました。

すき焼き・ご飯・香の物がセットになっています。コースとしては、シンプルですね。

2011-08-18 2011-08-18 001 011

テーブルの囲炉裏に炭を用意するところから始まります。
炭火で、仲居さんが関西風のすき焼きを作ってくださるというのは、実は昔から憧れだったので、かなりテンションが上がります。

2011-08-18 2011-08-18 001 013

2011-08-18 2011-08-18 001 015

すき焼きの材料も運ばれてきます。
関西風なので、お砂糖と、たまり醤油です。

2011-08-18 2011-08-18 001 016

野菜と、焼き豆腐でなくて木綿豆腐。
2011-08-18 2011-08-18 001 018

和田金の専用牧場で飼育された松坂牛が登場です。
2011-08-18 2011-08-18 001 017

南部鉄器の鉄なべで、仲居さんが手際よく作って下さいます。
それを目の前で見られるのが、かなり嬉しかったりします。

2011-08-18 2011-08-18 001 019

2011-08-18 2011-08-18 001 021

2011-08-18 2011-08-18 001 022

2011-08-18 2011-08-18 001 025

2011-08-18 2011-08-18 001 026

まずは松坂牛から頂きます。

2011-08-18 2011-08-18 001 030

ちょっと厚めで、かなり大きめサイズの松坂牛は、とても食べごたえがあり、柔らかくて、脂っぽさを感じないので、脂身そのものも美味しく頂けます。

サシが入りすぎていないので、脂のしつこさがなくて、とても食べやすいです。

これは、相当美味な、すき焼きです

関西風のすき焼きは初めてですが、たまり醤油の円やかさが、とってもよく合います。
割り下で煮るように作るすき焼きより、好みかもしれません。
節約をして、貯金してでもまた食べたい味です。

2011-08-18 2011-08-18 001 031

野菜も関東風とかなり違っていて、水気の出ないものを入れるのだそうです。
細ネギや、木綿豆腐・にんじん・しいたけが入っていますが、玉ねぎが入るのが、とっても驚きました。でも、これがまたこの味にピッタリなのです
少しだけ三つ葉が入っていて、ちょっと清涼感があって、すっきりします。

2011-08-18 2011-08-18 001 040

松坂牛は一人2枚130gですが、かなり大きめサイズなので、食べごたえがあり、けっこうお腹いっぱいになります。

仲居さんに勧められて、牛脂を食べてみました。

2011-08-18 2011-08-18 001 043

ずっと鉄鍋に入っていましたが、ほとんど姿は変わらないので、びっくりです。
ホルモンのようなジューシー感と、プニプニした食感で意外にも美味しかったです。

2011-08-18 2011-08-18 001 044

粘りと甘みの少なめのご飯は、このすき焼きにとってもよく合います。
一緒に食べますと、高級な牛丼になりました。

松坂牛で作った佃煮も出てきました。
2011-08-18 2011-08-18 001 046

見た目はしょっぱそうですが、食べてみますと、かなり甘くて、しょっぱさはたいしてなかったです。

瓶のビール1本を入れて、合計19,305円でした。

奉仕料が1755円もかかっていましたが、ずっと付きっ切りで目の前で調理して下さることを考えますと、まあ妥当かなと思います。 また個室料がかかっていないので、その点は良心的な気もします。

かなり豪華な夕食になりましたが、大満足の味でした。

ちなみに、和田金はクレジットカードが使えませんので、現金の用意をお忘れなく。

和田金
(Hot Pepperのクーポンを表示) 


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/54
この記事へのトラックバック