函館ベイエリアで海産物の夕食 きくよ食堂 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



北海道旅行4日目のディナーは、函館のベイエリアで食べることにしました。
旅行の時には、あらかじめお店を決めておくことが多いのですが、今回は歩きながら見つけました。
きくよ食堂です。



ちょうど夕食の時間でしたので満席で、とても活気がありました。



メニューはとても豊富で、お店の壁にもたくさんのメニューが書かれていました。



お通し 315円



左上のお魚の麹漬け?!が、結局一番美味しかったのでした・・・。

ほっけのお刺身 1260円



とても珍しいので食べてみました。
ほっけは塩焼きのイメージしかないので、お刺身で食べられるという事は、もちろん初めて知りました。



食べ始めは、あっさりした白身のお魚ですが、後から独特の風味が味わえます。
独特のクセがあるので、1.2枚食べる位がちょうど良い気がします。

思った以上にかなり少ない量で驚きましたが、味を考えますと、かえってもっと少なくてよい位です。
でも、珍しいとはいえ、ちょっと高すぎる気はします。

銀だらのかま煮つけ 819円



かまの部位を使っているので、形が整っている煮つけだと思っていたのですが、これは完全にあら煮です。



お料理名とのギャップがああるなあと思いましたが、個人的にはあら煮の方が好きなので、嬉しい誤算です。
脂ののった銀だらは、皮のコラーゲンもプルップルの食感で、濃いめの味付けです。

いかソーメン 767円



北海道で海産物を食べるときに、すぐにイメージが湧くお料理なので食べてみました。
鮮度は決して悪くはないと思うのですが、すごく新鮮という訳でもなく。
可もなく不可もなく、という感じです。

かに汁 504円 おにぎり 252円



蟹の出汁がたっぷりと溶けだしているお味噌汁をイメージしていましたが、実際には普通のお味噌汁に、提供する寸前にカニを投入したような感じです。



見た目こそ、ちょっと豪華な気もしますが、イメージとかなり違っていて、正直がっかりしました。

ビールの中ジョッキ2杯を入れて、全部で4967円でした。
函館のベイエリアという場所柄、海産物の美味しさを期待していたのですが、可もなく不可もなくという位で終わってしまいました。
イメージの方がはるかに勝ってしまった感じです。

2013.08.30 Friday | 魚介料理 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/594
この記事へのトラックバック