チャターボックスのチキンライス | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

シンガポール旅行3日目のお昼は、チャターボックスチキンライスを食べてみました。
前日はホーカーズで庶民的な味を堪能しましたが、高級なチキンライスは、どのような味なのか、
どのように違うのか、食べ比べてみたかったのです。





マンダリンオーチャードホテル内のレストランですが、少しポップな感じもありカジュアルに利用できます。
お子さん連れのお客さんも、あちこちで見かけました。



メニューは、ラクサやナシゴレンなどの郷土食から、サンドウィッチ、カレー、スープ、サラダなど、軽食も一通り揃っているようです。
わかめが入り、ポン酢ドレッシングをかけたWAFUサラダというものもありました。



チキンライス 27シンガポールドル

見た目が、すでにホーカーズで食べたチキンライスとまるで違い、とてもきれいです。
チキンは3列に積み重ねてあり、とてもボリュームがあります。



その下には細切りのレタスなどの野菜が敷かれていて、おしょうゆ系のタレがかけてありました。
チキンは、皮付きで、けっこうしっとりして、上品で美味です。
お好みで3種類のタレをかけて、頂きます。







レタスや丸いお豆腐の入ったスープは、チキンのダシよりも、野菜の甘みが強く感じます。





チキンの脂を全く感じさせず、とてもすっきりとしてて、上品な味わいです。

ご飯は、とてもパラパラしていて、これまで食べたチキンライスの中で、一番あっさりとして、癖がないので食べやすいです。





全体的にとても上品な味わいでした。


関連記事




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/614
この記事へのトラックバック