秋葉原 うな匠の「ひつまぶし」 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

2011-07-31 2011-07-31 002 018

秋葉原にある うな匠ひつまぶし を食べてきました。

「ひつまぶし」というお料理を知って以来、鰻を食べるなら「ひつまぶし」を選択しています。3種類の食べ方が出来るのがいいですし、関西風の鰻の焼き方の方が好きなんです。

お店が混んでいたり、お休みだと困るので予約をしようと電話したのですが、全く応答が無いので直接行ってみました。

2011-07-31 2011-07-31 002 002

ちょっと並んだくらいで入れました。

2011-07-31 2011-07-31 002 004

メニュー。
2011-07-31 2011-07-31 002 003

2011-07-31 2011-07-31 002 005

名物の「ひつまぶし」を筆頭に、鰻料理が色々とあります。
鰻の肝のポン酢とか、わさび和えというのは珍しいですね。かなり興味があるのですが、一番食べたかった「ひつまぶし」をオーダーしました。

テーブルには、山椒と鰻のタレがあります。

2011-07-31 2011-07-31 002 006

ひつまぶし 2500円。
2011-07-31 2011-07-31 002 009

ニュースでも取り上げられていましたが、今年は鰻の漁獲量がとても少ないので、値段が高騰しているそうです。そのため、うな匠でもちょっと値上げしたそうです。

2011-07-31 2011-07-31 002 035

2011-07-31 2011-07-31 002 012

ちょっと小ぶりですが高さのあるおひつには、たっぷりと鰻が盛られていました。

ただ、ひつまぶし発祥のお店で有名な あつた蓬莱軒と比べますと、ぎっしり鰻が入っている訳ではないです。

2011-07-31 2011-07-31 002 014

セットのお吸い物。
2011-07-31 2011-07-31 002 015

100円上乗せで、肝吸いに出来るそうです。

香のもの。
2011-07-31 2011-07-31 002 016

薬味3点セット。
2011-07-31 2011-07-31 002 017

ひつまぶしに欠かせません。

備長炭で焼かれた鰻は香ばしく、関西風の焼き方ですので、蒸していない分食感がしっかりとしています。鰻そのものは、思ったよりも厚みが無かったのですが、結構美味です。

始めは何も加えず、鰻とご飯だけを食べましたが、もう少しご飯の旨みや甘みがあったらよかったのにと思いました。

2011-07-31 2011-07-31 002 019

2011-07-31 2011-07-31 002 021

2011-07-31 2011-07-31 002 023

薬味のせ。
2011-07-31 2011-07-31 002 032

2011-07-31 2011-07-31 002 025

ひつまぶしで、一番好きな食べ方です。
わさびのピリッとした刺激と風味が、全体を引き締めてくれます。
小葱と海苔も入ると、さらに広がりのある味わいになります。

この食べ方が一番好きなので、個人的には小葱が3倍くらいは欲しい気がします。

お茶漬け風。
2011-07-31 2011-07-31 002 030

ダシをかけると、さっぱりと、スルスルと頂けるのがいいですね。
ダシはかつお風味だと思いますが、それほど強い風味や味ではなく、ダシだけを頂きますと、可もなく不可もなくという感じです。

うな匠ひつまぶしは、都内でひつまぶしを食べるには、他のお店よりもちょっとお安く、味もわりといいと思います。


関連記事




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/63
この記事へのトラックバック