台湾の小籠包食べ比べ 「蘇杭」海の老とへちまの小籠包・イカ墨小籠包 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

ランチを食べに、蘇杭に行ってみました。





普通の小籠包の他、日本ではあまり食べる機会の無い味も頼んでみました。
メニューを見ますと、かわいらしいスイーツもありました。







マージャン型のスイーツ。



とても凝っている、文房具のスイーツまであります。



小籠包(8個) NT200 (1NTは3.8円位なので、おおよそ800円)




薄い皮の中から、とろみ感のある肉汁が、たっぷりあふれ出てきて、なかなか美味です。
タレは、少し変わっていて、お酢と魚醤が入っているようです。

海老とへちまの小籠包(8個) NT300



日本では聞いたことのない味ですが、台湾では普通に食べられているようです。
角切りのへちまが、たっぷりと入っていて、海老は脇役程度に少し入っているだけなので、とてもシンプルです。(お肉類は一切入っていません)



へちまの薄緑色と海老の赤が、とてもきれいな色合いです。
へちまのとろみがあって、あっさりした味で美味です。

冷めると、イモ類やソラマメの様な味になり、へちま独特の青臭さが気になるので、熱々を頂くのがよいと思います。

イカ墨小籠包(8個) NT150 



新しいお店がオープンしたらしく、通常はNT300ですが、記念のサービス価格で、半額で頂けました。
真っ黒な小籠包にも、ビックリしましたが、中を開けても黒いので、さらにビックリしました。



角切りのイカが入っていて、臭みも全く無く美味しかったです。

他のお客さんは、色々なメニューを頼んでいて、小籠包だけを食べているのは、私たちだけでしたが、どれも、なかなか美味しかったです。

 


関連記事




2014.06.07 Saturday | 海外:台湾 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/638
この記事へのトラックバック