経堂コルティのイタリアンカフェレストラン KYODO406/経堂葡萄酒 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

2011-07-21 2011-07-21 001 035

小田急線経堂駅がすっかり様変わりして、経堂コルティが出来ました。
この中にある、イタリアンカフェレストラン KYODO406/経堂葡萄酒 に行ってきました。

2011-07-21 2011-07-21 001 001

2011-07-21 2011-07-21 001 002

お店の中は、ちょっとオシャレでモダンな雰囲気で、窓際の席からは経堂の街並みも見えます。

2011-07-21 2011-07-21 001 003

2011-07-21 2011-07-21 001 004

メニュー。
2011-07-21 2011-07-21 001 020

カッコ良くて、おしゃれなデザインです。

2011-07-21 2011-07-21 001 007

2011-07-21 2011-07-21 001 009

2011-07-21 2011-07-21 001 013

2011-07-21 2011-07-21 001 017

2011-07-21 2011-07-21 001 018

2011-07-21 2011-07-21 001 019

このほかに、その日の!?お薦めメニューもあります。

2011-07-21 2011-07-21 001 010

イタリアン系のカフェレストランですが、よく見ますとビーフカレーもあったりします。色々なお肉のグリルがあるのは、ちょっと珍しい気がします。

基本の味付けは、塩コショウだと思いますが、別途料金でソースも選べます。
イタリアンのお店では、パンの盛り合わせが出てきたりしますが、KYODO406/経堂葡萄酒では、すべてお好みで注文します。

コースセットという、メインを選んでコース仕立てにするというのもあります。

まずは、乾杯から。
ウッドヘーヴェン(赤ワイン) 600円
心水スパークリングウォーター 400円


2011-07-21 2011-07-21 001 011

夏なので、外食でもお家でも、もっぱらスパークリングウオーターを飲んでいますが、日本の珍しい天然発砲水「心水」と再会しました。

野菜の炭火グリル 1000円
2011-07-21 2011-07-21 001 021

思った以上に種類豊富なお野菜が、たっぷりとお皿に盛りつけられていました。
ズッキーニ・かぼちゃ・いんげん・しいたけ・まいたけ・ねぎ・なす・赤パプリカ・黄色いパプリカ・とうもろこし・紫たまねぎ、などなど。
本当に色々なお野菜が食べられるのは、嬉しいです。

2011-07-21 2011-07-21 001 022

鉄板の焼き目が食欲をそそります。
バルサミコ酢のドレッシングがかけてあります。

2011-07-21 2011-07-21 001 023

コクがあるのに、酸味がとても柔らかいので、お酢が苦手な方でも、とても食べやすいと思います。前菜から、なかなか食べ応えのある一品です。

本日のパスタ(イタリア産ポルチーニ茸) 1800円
2011-07-21 2011-07-21 001 027

ポルチーニ茸とサマートリュフの2種類がありました。
お好みで、パスタかリゾットを選べるのは、珍しいですね。
今回は、パスタにしてみました。

2011-07-21 2011-07-21 001 026

お店の方が、あらかじめ取り分けて持ってきてくれました。
パスタなどは、取り分ける時にソースが飛び散ってしまう心配があるので、こういう気配りが嬉しかったりします。
タリアテッレのパスタに、ポルチーニ茸がたっぷり&どっさり盛り付けられていました。ここまでたっぷりと盛り付けられているのは初めてなので、かなり贅沢です。

2011-07-21 2011-07-21 001 030

しかも、乾燥したものではなく、生のポルチーニ茸なので食感が新鮮です。
エリンギに近い、ちょっとツルッとした食感で、食べ進めるうちに、松茸に通じる独特の香りが出てきました。
ポルチーニ茸って、確か「イタリアの松茸」と言われていたような気もします。

2011-07-21 2011-07-21 001 031

ソースは、クリームソース系だと思いますが、しつこさがなく、生クリームの重たさも殆ど感じないので、最後まで飽きずに食べられました。

真鯛とあさりのアクアパッツァ 1900円
2011-07-21 2011-07-21 001 032

結構大きめの真鯛のぶつ切りが、ゴロゴロと入っています。
しかも、お顔まで入っています。

2011-07-21 2011-07-21 001 040

身はふっくらとしていて臭みもなく、パサ付き感がないので、ふわっとした食感で、魚介のエキスと混ざりあったバターソースによく合います。大きめのあさりも、身がふっくらしていて、旨みが流れ出ずちゃんと残っています。

お料理名に「あさり」と書いてあるので、もっとたっぷり入っているのかと思っていたのですが、4個だけだったのが、ちょっと少ない感じはしましたがね。

そして、粉ふきいもが添えられていたのは、珍しく面白かったです。
美味しいエキスを吸わせて残さず食べられるのは、いいかも!?

マンゴーのとろとろプリン 600円
2011-07-21 2011-07-21 001 044

生のマンゴーのスライスもあり、生クリームの下には、爽やかな黄色いプリンが登場しました。

2011-07-21 2011-07-21 001 047

「とろとろ」というネーミングなので、パステルのなめらかプリンのとろける感をイメージしていたのですが、確かに柔らかめのプリンですが「トロトロ」と言う程でもなかったです。

2011-07-21 2011-07-21 001 055

味はマンゴーの風味が効いて、ある意味、想像通りの味で安心感があり、美味です。

オレンジのパンナコッタ 500円
2011-07-21 2011-07-21 001 048

足のない、ワイングラス風の食器で登場です。おしゃれです。

2011-07-21 2011-07-21 001 051

少し硬めのパンナコッタで、オレンジの姿は見当たりません。
しかし、食べてみますとオレンジの風味がふっと漂います。
結構、美味です。

2011-07-21 2011-07-21 001 050

2011-07-21 2011-07-21 001 053

でも、直接果肉やジュースを入れたという感じでなく、生クリームにオレンジの皮を煮出してエキスを抽出したような、ちょっと捻ったオレンジの使い方をしているようです。

これは、プロの技だなあと思いました。
ほろ苦さもあるので、大人のスイーツという感じがしました。

ワインやお水も入れて、合計で 6800円でした。

イタリアンカフェレストラン KYODO406/経堂葡萄酒は、ワインの種類が豊富で、スパークリングワインもグラスで飲めるので、ワイン好きにはとても嬉しいお店だと思います。
お料理がワインに合わせて作られていると思うのですが、塩気が控え目で、味付けも濃すぎないので、アルコール類を飲まない方でも、美味しくお料理が食べられるお店だと思います。

お店もオシャレでありながら、カジュアル感があるので、日常使いができるお店だと思います。


関連記事




2011.07.24 Sunday | イタリアン | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/64
この記事へのトラックバック