新宿タカシマヤのパティシェリア リュードパッシー | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

 

東京の有名なスイーツ店14店のケーキを取り扱っている、新宿タカシマヤのパティシェリアで、目黒に本店のあるパティスリー リュードパッシーオペラピスターシュノーブルを食べてみました。



ケーキのすべての側面を、きれに囲ってから箱に入っていました。
とても丁寧な梱包で気配りが素晴らしいです。



オペラピスターシュ 472円。


ショーケースの中でも、鮮やかな緑色がひときわ目立っていたケーキで、チョコレートケーキで有名なオペラを、ピスタチオで作った、とても珍しいケーキです。



ピスタチオのガナッシュやバタークリーム、ビスキュイジョコンドで作られています。
とても手の込んだスイーツなので、とてもお家では作れませんし、プロの技を感じます。
横から見ても、とても精密に作られているのが、よくわかります。



フォークを入れる瞬間は、少し硬めな気がしましたが、実はしっとりとしたスイーツです。
特にビスキュイという生地の部分が、シロップをたっぷりと染み込ませてあるようで、かなりしっとりとしています。
洋酒はほとんど感じません。
結構しっかりした甘さで、バタークリームやガナッシュが濃厚なので、スイーツを食べているという満足感が高いです。
キャラメリゼしたような細かく砕いたナッツも入っていて、カリカリとした触感もアクセントになっていました。

ノーブル 472円。


ショーケースの中で、真っ黒に見えていて、気になっていたスイーツです。
つやつやの黒光りが、とても印象的でした。



どっしりとした重厚感のあるチョコレートケーキで、表面のガナッシュがトロ〜リしています。
食べてみますと、もちろん硬さはなくしっとり感も感じます。
チョコレートをふんだんに使われているので、どれだけ甘いのかと思っていましたが、実際には思ったよりも甘さは控えめで驚きました。
ビターチョコレートを主体に作られているような気がしますので、大人のチョコレートケーキという感じがしました。
洋酒を一切使用していないそうなので、まさにチョコレートの風味と美味しさを存分に味わえるケーキです。

2011.09.23 Friday | スイーツ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/67
この記事へのトラックバック