岩手盛岡ご当地グルメ 白龍のじゃじゃ麺 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



秋田旅行最終日に、盛岡まで行き、名物グルメのじゃじゃ麺を食べてみました。
じゃじゃ麺発祥のお店として有名な、白龍の前には、長蛇の列で、やはり人気の名店のようです。







かなり待って、ようやく店内に入りましたが、お店の入り口から察したとおりに、かなり小さく、席の間隔も狭く、カウンターに座ると、後ろの通路を通る人にぶつかるほどで、かなり大変な状況です。

じゃじゃ麺は、サイズが選べます。



スーパーでチルドのものを買って、作って食べたことがありますが、お店で食べるものとは、かなり違っていましたね。
麺が、名古屋のきしめんのような感じで、思った以上に柔らかいです。
きゅうりの切り方は、みじん切りの大きい状態なのか、角切りなのか、迷うところですが、彩りもよく、食感がいいですね。



味噌は、かなり濃い色なのですが、塩辛くもなく、味が濃すぎる事もないのが、不思議ですが、添えてある生姜が、とても良いアクセントになっていました。

最後は、スープと生卵を入れてもらい、〆ます。


そして、全体的には、初めて食べたからなのか、イマイチではないのですが、大人気な理由が、どうもよくわからず。。。
きっと、何回か食べるうちに、ハマる味、という事なのかもしれません。

 

関連記事




2015.07.28 Tuesday | うどん | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/670
この記事へのトラックバック