ポルトガル旅行 ツアーのランチ | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

 

リスボンから少し離れた、オビドス・アルコバサ・ナザレ・バターリャ・ファティマに行く、ツアーに参加してみました。

朝8時半にホテルのロビーにバスでお迎えが来て、ホテルから少し離れたところで、各ツアーのバスに乗り換えるシステムになっていました。

 

ランチは、漁師町のナザレのレストランでした。

 

チーズとパンとバター

パンは薄い外皮でふわふわのパンでした。

 

チーズは、多分ですが、Queijo Fresco ケイジョ・フレシュコだと思います。

ポルトガルのレストランでは前菜の定番なのだそうです。

フレッシュで、まるでふわふわのおぼろ豆腐とか、水分の多いカッテージチーズっぽい感じで、チーズ特有の香りなども無いですね。

 

お塩とオリーブオイルをかけて食べましたが、あまり好みではなかったです。

 

ベジタブルスープ

前にも食べた、ポルトガル定番のポタージュ系です。至って普通でした。

 

サラダ

見た目そのままの、シンプルなサラダで自分でオリーブオイル・バルサミコ酢・塩コショウなどで頂きます。

 

干し鱈のソテー

干し鱈なのか、普通の鱈なのかじはわかりませんが・・・

大皿に盛られて、店員さんが目の前で盛り付けてくれました。

輪切り状態なので、日本でいう2切れですね。

シンプルな控えめな塩味のみで、それほど臭みもなく、普通に美味しいくらいです。

 

デザート

サンマルクっぽい見た目ですが、チョコとプレーンのスポンジ生地に、クリームとキャラメルソースがかかっています。

白いクリームは、ホイップクリームに見えるのですが、もっと濃厚でバタークリームに近い生クリームのような味で、かなり甘く、

一番上のキャラメルソースが激甘で、ビックリするくらい甘かったです。

 

食後酒

ポルトガルに来て、初めていただきました。

アーモンド酒のような味でした。

ポルトガルのデザートのように、あま〜〜いお酒で、風味も良く、少ししか飲めない味ですが美味しかったです。

 

ビッカ(コーヒー)

ポルトガルのコーヒーで、いわゆるエスプレッソです。

これがまた、本当に濃いので、激甘のデザートの後に飲むと、すっきりします。

 

ポルトガル定番のお料理のコースでしたが、やはりツアーの食事という味でした。

 

 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/697
この記事へのトラックバック