リスボンのパン屋さん。ポルトガル名物のボーラ・デ・ベルリンも。 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

 

ポルトガル旅行5日は、朝7時半のオープンを狙ってPadaria Portuguesa でパンを購入しました。

ポルトガル旅行二日目の朝も、買って食べたパン屋さんです。

実は前日の夜に行ったら、20時で閉店になっていました。

オープンしたばかりなので、ズラッとパンやスイーツ類が揃っていました。

 

商品名は、書かれていますが、なにしろポルトガル語なので、「クロワッサン」位しかわかりませんでした。

 

朝から、スイーツも勢揃いです。

(中央段の真ん中に映っている、丸い揚げパンの様なものが、ポルトガル名物のボーラ・デ・ベルリンだと思います。

朝から、カスタードたっぷりのドーナツは食べられなかったのですが)

これは、パンなのかスイーツなのかわかりませんが、結構なビッグサイズです。

 

そして、購入したパン。

右、パン・オ・レザンのようなパン

ほんの少しのレーズンの他、クルミやヘーゼルナッツが入っていました。

でも、なにしろバターの風味が無いので、不思議な気がしてならないです。

 

左、白い不思議な形のパン

少しふわっとしていて、中には特に何も入っていないシンプルなパンでした。

少し、米粉パンの雰囲気もありました。

 

中央、Arrufadaというパン

カスタードを練り込んでいるのか、かなり黄色い生地でした。

形こそクロワッサンっぽいく、生地も層になっているのですが、生地そのものはバターロールなどに近い感じがします。

(でも、バターの風味は無いです)

 

2017.08.23 Wednesday | 海外:ポルトガル | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/699
この記事へのトラックバック