伊勢・志摩の旅荘 海の蝶 朝食 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

 

伊勢・志摩旅行で宿泊をした、旅荘 海の蝶の朝食は、朝食会場で頂きます。
かなりのオオバコ系です。
8時位に行ったのですが、すでにそれなりの人で、朝からにぎわっていました。



席に案内されるとすでに、ほとんどの食事がスタンバイされています。
お正月以外でお雑煮は食べないので、かなり不思議な気もしますし、さらにご飯までついていて、かなりのボリュームメニューです。



じゃこの大根おろし、お豆腐のあんかけ(生湯葉と書いてありましたが)。
この日の朝食で一番おいしかったものが、あおさの佃煮。



普通の海苔の佃煮とは、全然違うもので、磯の香りも楽しめます。



なすと、厚揚げの冷たい煮物。



個人的には、煮物は温かいものの方が、美味しい気がします。

焼き魚。



だし巻き卵。



朝食会場の奥で、料理人の方が作っていました。

お雑煮。



とても大きなお椀で出てきました。



お餅が2個に、大ぶりにカットされたさつまいもも2個入っていますので、とてもボリュームがあります。
お雑煮にさつまいもを入れるのは、初めて見ました。

このほか、ご飯も出てきました。
伊勢・志摩旅行で食べた、地元のご飯は、甘みと粘りが控えめなお米でした。
コシヒカリとはかなり違う感じです。
あっさりしている印象のご飯でした。

果物。



全体の味は、可もなく不可もなくという印象です。


関連記事




2011.10.01 Saturday | 旅館食事 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/79
この記事へのトラックバック