伊勢・志摩ご当地グルメ とばーがー(伊勢えびコロッケバーガー)、松坂牛肉まん | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



伊勢・志摩旅行で、ぜひ食べておきたかったものが、B級グルメでもある、とばーがーです。
鳥羽展望台にある、食国蔵王で食べてみました。







展望台なので、景色がとてもきれいなのですが、先にランチタイムです。
鳥羽市が認定する、とばーがーの条件は、

1、パティに地元の食材を使用すること
2、注文を受けてから作ること
3、鳥羽市内で販売されていること

なのだそうです。
地元の食材を使うという制約だけなので、お店によってさまざまなとばーがーが作られています。



たこかつバーガー、じゃころっけバーガー、かきドック。



ビーフ ポーク エッグバーガー、カキの燻製バーガー、さざえのバーガーに、デザートのとばーがー、めかぶ入り味噌カツバーガーもあります。





鯵(あじ)のバーガーに、その日によって変わるお魚を使ったバーガー。
こういうものも、ご当地バーガーになるのですね。



あわびのとばーがー、えびマヨバーガー、ひじきの牛肉バーガー、中には、1万円の豪華なとばーがーもあります。



今回は、伊勢えびコロッケバーガーと、松坂牛肉まんを食べてみました。

伊勢えびコロッケバーガー 600円。



注文を受けてから作っていますので、少々待ちますが、揚げたて熱々のコロッケが挟まれています。
コロッケの中には、伊勢エビのミソを使ったソースも、かけられています。





揚げたてのコロッケは、衣がサックサクで、中は少しとろっとしていて、なかなか美味です。
THE 伊勢エビ、という所までは感じられないのですが、一応それなりに伊勢エビの風味はしている様な気がします。
コロッケではなく、伊勢エビのクリームコロッケですと、もっと伊勢エビの風味を楽しめると思うのですが、場所柄やコストを考えますと、こうなるのかなと思います。

松坂牛肉まん 450円。



伊勢・志摩に行ったら、松坂牛は、やはり食べておきたい食材です。
肉まんで、手軽に食べられるのは、いいですね。



横からみますと、かなりぷっくりとしています。
ふかしたてなので、持っているのが大変なほど、かなり熱々です。



けっこう具がしっかりと入っています。



それなりには美味しいのですが、松坂牛の風味は、わかるような、そうでないような気がします。
普段食べる肉まんと味は違うのですが、言われないと松坂牛だとは分からないかも。
肉まんにしたら、ちょっと値が張りますが、高級ブランド肉ということを考えますと、リーズナブルかもしれません。

2011.10.01 Saturday | テイクアウト | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/81
この記事へのトラックバック