松茸料理 | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン



秋の味覚の王様とも呼ばれている松茸を食べに、赤坂 松葉屋に行ってきました。



今年の2月にリニューアルされ、本店の他、別館もオープンしていました。
別館は、鉄板焼きがメインのお店でシーフード料理もいただけるそうです。
今回は、毎年行っている本店で、一ツ木通り 10,500円を頂きました。

メニューは、
 ・松茸酒
 ・松茸おひたし
 ・松茸の土瓶蒸し
 ・旬のオードブル盛り合わせ
 ・松茸の炭火姿焼
 ・松茸の朴葉焼
 ・松茸の天ぷら
 ・松茸と飛騨牛のすき焼き、または しゃぶしゃぶ(選べます)
 ・土釜炊き松茸ごはん
 ・デザート

全10品のコースです。
お料理が始まる前に、松茸姿焼きに使われる、松茸を見せて下さいました。







かなり立派な松茸が二人で3本もいただけます。
かなりたっぷりと頂けそうなので、とても期待が膨らみますし、楽しみです。

食前酒 松茸酒



見た目は、淡い色の梅酒のようで、特に松茸の香りはよくわからなかったのですが、口に含んで飲み込んだ瞬間に、ぶわ〜っと松茸の香りが口の中に広がりました。
かなり控えめの甘さで、すっきりとした後味です。

松茸おひたし





一口サイズのお浸しの中に、青菜やわかめ、菊、山芋、ラディッシュなどと一緒に、生の松茸を焼いたものも入っています。

松茸の土瓶蒸し





松茸料理の大定番のお料理です。
思った以上に大ぶりの松茸が2つ入っていたので、テンションが上がりました。
その他に、えび、鶏肉、鱧、三つ葉も入っています。
松茸のエキスがしっかりと出されているお出しで、とても美味です。
ベースのおだしや他の具との味も、松茸を引き立てていて、バランスもよかったと思います。

旬のオードブル盛り合わせ



黒塗りの重箱の中には、4種類のかわいらしい小鉢が入っていました。

野菜チップス







海老芋のようなものや、れんこん、かぼちゃが入っていました。
少し塩気が強かったのですが、薄くてカリッとしていて、おやつに出されたら、止まらない美味しさだと思います。

お魚の揚げ物



あん肝



紅オクラがトッピングされています。

松茸のお寿司



これは、他のお店では見たことのないお料理です。
以前は、琥珀色のお寿司でしたが、今年はかなり透明に近い色合いの、ゼラチン状のものがかかっていました。
薄味でとても上品なお寿司です。
松茸はかなり薄くスライスされていますが、それでもシコッとした食感や風味は、感じられます。

松茸の炭火姿焼



松茸を丸ごと七輪で焼いていただくお料理です。
丸ごと焼いたものと、裂いてあるものとでは、比べものにならない位の差なのです。
料理人の方が、目の前で焼いて、切り分けて下さいます。





目の前で七輪で焼いていますと、途端に、ぶわ〜っと松茸の香りが、お部屋いっぱいに充満していきます。
「この香りだけでご飯が食べられそう」という言葉がわかる気がします。
料理人の方にお話を伺いますと、今年は松茸が不作だそうで、特に国産の松茸は、震災の影響も受けているそうです。
松茸を用意するのが、なかなか大変だったそうです。
ちなみに、このコースの焼き松茸は、中国雲南省のものです。





焼き松茸には、雪塩・かぼす・お醤油・おろししょうがをお好みでつけていただきます。



二人で3本の松茸を頂けるのですから、贅沢の極みです。
シコッとした食感と、噛むとじゅわ〜とエキスの出てくるジューシーさは、とっても美味です。
噛むごとに出てくる松茸の香りは、口の中だけではなく、体の中すべてに、松茸の香りが広がっていきます。
自分の体から、松茸の香りが湧き出てくるような気がします。



お醤油は、少し塩気が強いものでしたし、おろし生姜もかなりパンチのある辛みと風味でしたので、始めは雪塩を少々つけるだけで、その後はかぼすも数滴垂らして食べるのが、一番おいしく感じました。
松葉屋さんに行かれる時には、ぜひ食べていただきたいお料理です。

続く。




2011.10.10 Monday | 松茸料理 | comments(0) | trackbacks(0)

2010-10-09 2010-10-09 002 083

赤坂 松葉屋の松茸コース料理 一ツ木コース その2からの続きです。

いよいよメイン!?やご飯ものが登場します。

松茸と飛騨牛のすき焼き

2010-10-09 2010-10-09 002 059

流行りのタジン鍋ですね。

2010-10-09 2010-10-09 002 060

かなり大きめスライスの飛騨牛が、たっぷりです。(確か一人5枚はあります)
もちろん、松茸も今年は生ですし、こちらも大きめサイズです。

2010-10-09 2010-10-09 002 062

松葉屋さんは、松茸料理で有名ですが、飛騨牛でも有名なお店です。
今回は、かなり立派で、とってもキレイなお肉です。

2010-10-09 2010-10-09 002 075

以前とは異なり、今年は二人前を一緒に、しかも、お店の方が目の前で作って下さいます(最初だけですが)。パフォーマンス付きって嬉しいですね。

2010-10-09 2010-10-09 002 063

松茸・飛騨牛の他、お豆腐・白菜・ねぎ・人参・細いこんにゃく・水菜が入ります。

2010-10-09 2010-10-09 002 073

2010-10-09 2010-10-09 002 074

最初の一皿は、お店の方が取り分けてくださいました。
松茸と飛騨牛のみ。贅沢なすき焼きです。

2010-10-09 2010-10-09 002 068

ちょっとアップ。

2010-10-09 2010-10-09 002 070

すき焼きになっても、松茸の風味と食感は強いんです!

2010-10-09 2010-10-09 002 071

品の良い甘辛のすき焼きにも、松茸はよく合います。そして、決して染まりきらず、ちゃんと存在感があります。これは、想定の範囲外です。

飛騨牛が、これまた美味。

2010-10-09 2010-10-09 002 072

こんなに、トロけるようなお肉は初めてです。

例年以上にグレードの高い飛騨牛を使っているんでしょうかね。お肉の赤身とサシのバランスが、とても良いので、これほどトロけるのに、脂の風味だけではなく、赤身の美味しさも存分に楽しめます。
このお肉でしたら、100歳になっても美味しく食べられそうです。

その後は、自分たちのペースで自由に、松茸をはじめ飛騨牛やお野菜を入れて、すき焼きを作りながらいただきました。関東風なので、割り下を使っていて、差し水も一緒に用意して下さいます。

ちなみに、すき焼き以外に、しゃぶしゃぶ・陶板焼きも選べますが、お店のオススメは、このすき焼きだそうです。

松茸土釜炊きご飯

2010-10-09 2010-10-09 002 081

すき焼きが終盤にさしかかる頃、ご飯を用意していいのか聞かれました。
「時間がかかるので」とおっしゃるので、お願いをしたのですが、今一つ意味がピンとこなかったのですが、出されて納得しました。

今年は、土鍋の炊きたてを頂けるんです!
しかも、生の松茸がふんだんに入っています!


2010-10-09 2010-10-09 002 082

2010-10-09 2010-10-09 002 092

ここ5年ほど通っていますが、今までで一番スゴイご飯です。

すっきりとした貝のお吸い物、香のもの3種と一緒に頂きます。

2010-10-09 2010-10-09 002 088

土鍋の炊きたての松茸ごはんは、サイコーです。

ツヤツヤした光る米粒が、松茸エキスを吸いこんで、ふっくらと、それでいて一粒一粒の食感がしっかりと味わえるご飯です。

松茸も生を使っているので、とても香りが立ちますし、少し弾力を感じつつ、でも味も残っています。ご飯ものも、水煮の松茸と生の松茸では、物凄く風味の差があります。

2010-10-09 2010-10-09 002 094

軽く2膳づつ頂けるくらいの量で、本当にお腹いっぱい、満喫できます。

峰岡豆腐 キウイソース

2010-10-09 2010-10-09 002 100

今月はキウイソースですが、先月はマンゴーソースだったそうです。
とってもキレイで、おしゃれなデザートです。

2010-10-09 2010-10-09 002 099

ブランマンジェや杏仁豆腐のように、口当たりの良い、とろ〜っとしたスイーツで、やや控え目でそれほど口に残らない甘さが、とても上品な印象です。

2010-10-09 2010-10-09 002 101

ビール1杯とサービス料で、合計23,925円でした。

生の松茸を大満喫できて、至福の幸せです。

特に、今年は猛暑の影響で松茸がなかなか採れなくて、例年の2・3倍の価格なのだそうです。国内で採れないので、輸入物も価格が上昇しているそうです。お店の方としては、大変だったのでは!?

5年ほど前から、赤坂松葉屋さんで松茸料理を食べていますが、今年は松茸も飛騨牛もとてもグレードが高くて、とても美味しかったです。

ご飯が土鍋炊きになったり(コースによって違いますが)、デザートも洗練されてきているので、益々今後も期待できる気がしました。

強いていうならば、始めの数品が、次々とジャンジャン出てくるので、ゆっくりと食べられず、せわしなかったですね。このサービスを改善してもらえたら、サイコーなんですがね。

おススメ度:

<松茸の関連記事>
東京都内で食べられる赤坂松葉屋の松茸たっぷりのコースその1
東京都内で食べられる赤坂松葉屋の松茸たっぷりのコースその2
2009年 赤坂松葉屋 週末・祝日限定コースの松茸小懐石コース
2008年 赤坂松葉屋 一ツ木通りコース




2010.10.12 Tuesday | 松茸料理 | comments(0) | trackbacks(0)