ウィーンの洋菓子!デメルの生クッキー | ヴァロンのおすすめレストラン
ヴァロンのおすすめレストラン

2010-03-20 2010-03-20 001 002

オーストリア ウィーンのスイーツというと、ザッハトルテが有名ですね。以前オーストリアに行った時に、ホテル ザッハーで食べましたが、もう一つ有名なお店がデメルです。

こちらのデメルは、原宿にお店がありますし、デパートにも出店していますので、日本でもその味を楽しめます。

だいぶ昔、私ヴァロンが学生の頃、行った事がありますが、チョコレートケーキが濃厚で美味しかった事と、コーヒーが1000円くらいで驚いた記憶があります。

そのデメルの生クッキーを食べてみました。

2010-03-18 2010-03-18 001 001

紙製の箱なのですが、すごくしっかりとした作りで、宝石箱の様な形と華やかなデザインです。中をオープン。

2010-03-19 2010-03-19 001 001

「ど〜やって入れたのだろう??」と思うくらい、ぎっちりと詰め込まれています。

箱のふたが、かなり盛り上がっているので、潰れませんがね。でも、取り出すのが大変でした。

全10種類の生クッキーです。

1段目。

2010-03-19 2010-03-19 001 004

デメルの生クッキーは、クッキーという名前ですが、小さいタルトですね。

チェリーのジャムがトッピング。すごく鮮やかなピンク色が、外国のスイーツっぽいですよね。

2010-03-20 2010-03-20 001 010

柔らか系のクッキーの中は、ピスタチオのマジパンだったと思います。

2010-03-20 2010-03-20 001 013

見た目がかわいらしい、とんがりきのこ型。

2010-03-20 2010-03-20 001 020

厚みのあるプレーンのタルトに、濃厚なチョコレートムース系で、中から洋酒の効いたフランボワーズが登場。この組み合わせも、外国っぽいというか、ドイツ菓子のイメージ通りですね。

2010-03-20 2010-03-20 001 023

2段目。

2010-03-19 2010-03-19 001 007

全部違う種類の生クッキーが入っています!
どれを食べようか、私ヴァロンは、大いに悩みましたね〜。

チョコのコーティングの下には、濃厚なチョコムース系。土台もチョコのタルトで、チョコづくし。

2010-03-20 2010-03-20 001 004

こちらも、濃厚なチョコムース系で、土台はシンプルなプレーンのタルト。

2010-03-20 2010-03-20 001 016

舟型。

2010-03-20 2010-03-20 001 017

チョコのコーティングの中は、チェリーのマジパン。色のコントラストがキレイです。チェリーのマジパンは、普段はまず食べない味ですね。けっこう、ボリュームがあります。

2010-03-20 2010-03-20 001 019

持ち上げるのが大変な、超柔らか生クッキー。

2010-03-20 2010-03-20 001 024

ちょっとパイ生地っぽく、中央はあんずのジャムがトッピングされています。

2010-03-20 2010-03-20 001 026

スライスアーモンドが、びっちりついています。

2010-03-20 2010-03-20 001 005

中はマジパンで、こちらも洋酒の効いたフランボワーズが出てきました。

2010-03-20 2010-03-20 001 015

デメルの生クッキーは、

柔らかいタルト生地、
濃厚なチョコレートムース、
洋酒の効いたフランボワーズ、
ジャムをトッピング

が特徴的な、ドイツ系スイーツでした。

普段、フランス系のスイーツを食べる事が多いので、楽しめました。

プレゼントにも使えそうですね。賞味期限が短いので、気を付けないといけませんがね。

2010.03.27 Saturday | スイーツ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://restaurant.varontaste.com/trackback/112
この記事へのトラックバック